1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ ハイスピードカメラ-計測事例
  4. 歯車の嚙み合わせ挙動の撮影

メディア

歯車の嚙み合わせ挙動の撮影

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯車の嚙み合わせ挙動の撮影

電気モータによる歯車の回転、噛み合わせの挙動を撮影しました。

カラーカメラでの撮影により、2色の歯車の嚙み合わせの様子が確認できます。

視野約20mmと狭い視野でも拡大レンズにより拡大ができ、歯車の歯と歯の挙動が捉えられています。

歯車の嚙み合わせのずれによる摩耗や損傷により、製品不良や製品寿命の低下が起こります。

そのような不具合を低減させるために、現象を可視化するメリットがあげられます。

本事例では、高解像度のカメラを使用して撮影を行い、それぞれの歯の挙動が鮮明に捉えることができました。

使用機材 

  • ハイスピードカメラPhantom T1340(カラー)
  • 高輝度LED照明

撮影条件

  • 解像度:2,048x1,952ピクセル
  • 撮影速度:1000コマ/秒
  • 露光時間:500µ秒

回転体の撮影条件の決め方

回転体の撮影において、対象の回転数が分かっている場合、以下の計算により撮影速度の算出が可能です。

撮影速度(fps:コマ/秒)=被写体の回転数(rps)×360÷フレーム間の移動量(度)

例えば、被写体の回転数が50rpsの現象をフレーム間の移動量3度おきに撮影したい場合は

50(rps) x 360 ÷ 3(度) = 6,000(fps:コマ/秒)

 

運動動作の撮影はお気軽にご相談ください

ノビテックでは、落下動作の解析、撮影に最適な装置の提案から計測請負まで行っています。まずはお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加