1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ ハイスピードカメラ-計測事例 三次元動作計測 三次元動作計測-計測事例
  4. トレッドミル上の馬のモーションキャプチャとハイスピード映像

メディア

トレッドミル上の馬のモーションキャプチャとハイスピード映像

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレッドミル上の馬のモーションキャプチャとハイスピード映像

モーションキャプチャとハイスピードカメラで馬の動作を可視化・解析

映像提供:日本中央競馬会競走馬総合研究所

モーションキャプチャシステム「VENUS3D R」を用いて、トレッドミルを走る競走馬の動作解析を行いました。

また、ハイスピードカメラ Phantom VEO 1310を使用し、馬の動作を撮影しました。

ハイスピードカメラとモーションキャプチャを同期撮影することで、測定点の数値化と実際の動きを照らし合わせて観察できます。

トレッドミル上の競走馬の動作解析

モーションキャプチャシステム「VENUS3D R」を用いて、トレッドミルを走る競走馬の動作解析を行いました。

モーションキャプチャを使うと、馬にほとんどケーブルをつけずに計測できます。

また、筋電計などの各種センサとの同期計測が可能となり、視覚的に動作の可視化や、各ポイントの角度や速度を簡単に数値化ができるため、定量的な評価にも使用できます。


使用機材 

モーションキャプチャカメラ PrimeX41 14台

撮影条件

  • 画素数:2,048×1,440ピクセル
  • 撮影速度:240Hz
  • マーカー数:34個

トレッドミル上の馬の高速撮影

ハイスピードカメラ Phantom VEO 1310を使用し、馬の動作を撮影しました。

ハイスピード撮影では光量の確保が課題となりますが、馬に強力な照明を当てることは困難です。

Phantom VEO 1310は従来機種(Phantom VEO E-310L)の4倍の感度を誇り、特別な照明を使用することなく、室内光で1,000fpsの高速度撮影が可能です。

馬の走る動作を詳細に観察することにより、運動動作の解析を行うことが出来ます。

使用機材

ハイスピードカメラ Phantom VEO 1310(カラー)

撮影条件

  • 画素数:1,280 × 960ピクセル
  • 撮影速度:1,000fps
  • 露光時間:400us

 

運動動作の撮影はお気軽にご相談ください

ノビテックでは、様々な生物の運動動作の解析を行っております。

撮影に最適な装置の提案から、計測請負までを行っています。まずはお気軽にご相談ください

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加