1. HOME
  2. メディア
  3. 溶接・金属加工可視化
  4. 【出展情報】第2回 関西Photonix(光・レーザー技術展)

メディア

【出展情報】第2回 関西Photonix(光・レーザー技術展)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【出展情報】第2回 関西Photonix(光・レーザー技術展)

株式会社ノビテックは、「第2回 関西Photonix(光・レーザー技術展)」に出展致します。

ブースでは、製品デモンストレーションや新機種の展示、計測のご相談などを承っております。


  • 会期:2022年5月11日(水)〜2022年5月13日(金)
  • 会場:インテックス大阪 ブース15-19
  • 参加形式:展示会・オンライン
  • 公式サイト:https://branch.jsass.or.jp/ap61/
  • 来場方法:展示会招待券が必要。


出展の見どころ

溶接のリアルタイム計測「Weld-Eye」×1,000Hzカメラ

WELD-EYE

株式会社ノビテック製(日本)

製品詳細:https://www.nobby-tech.co.jp/welding/weld-eye.html

レーザー溶接可視化のカメラとして新たに1,000Hzモデルが登場。
可視化+画像処理をさらに高速で行えるようになりました。

Weld-Eyeのポイント

  • レーザー溶接・アーク溶接の可視化画像から、数値解析を行います
  • アナログ、デジタル信号を出力して加工機へフィードバック可能
  • 可視化用カメラも各種準備

 

主な用途

レーザー溶接・アーク溶接の画像処理、数値解析に最適です。

参考事例:溶接可視化用照明CAVILUXとリアルタイム解析システムWeld-Eyeによるレーザー溶接の解析事例

 

溶接モニターカメラ「Cavitar Welding Camera C300」

Cavitar Welding Camera C300
Cavitar Ltd 製(フィンランド)

製品詳細URL:https://www.nobby-tech.co.jp/welding/weldingcamera.html


Cavitar Welding Camera C300のポイント

  • フル解像度時(1,440 × 1,080ピクセル)最大70fpsで撮影が可能
  • レーザー照明内蔵型で、バンドパスフィルタでアークをカットし、溶融部の観察が可能
  • 30 × 45 × 99mmの小型筐体で設置場所を選ばない

主な用途

アーク溶接のリアルタイムモニタリングに最適です。

あわせて溶接画像の処理ソフト「Weld-Eye」を使用すると数値計測が可能です。

参考事例:新製品 Cavitar Welding Camera C300による溶接可視化

溶接のハイスピード・カラー可視化「Phantom × 高輝度LED」

ハイスピードカメラPhantom VEO 610

ハイスピードカメラPhantom:Vision Research Inc.製(アメリカ)

製品詳細:https://www.nobby-tech.co.jp/measure/highspeed/PhantomVEO/veo1310.html


Phantom × 高輝度LEDのポイント

  • 従来難しいとされてきた溶接のカラー可視化を実現
  • 銅のヘアピンレーザー溶接で特に活躍
  • 溶融状態がわかりやすいので、不具合低減・条件だしに最適

主な用途

不具合低減のためのレーザー溶接の可視化に最適です。

参考事例:銅端子のヘアピンレーザー溶接の可視化|ハイスピードカメラでスロー撮影 | ノビテック



2色式温度計測システム「Thermera」

Thermera

株式会社三井フォトニクス製(日本)

製品詳細:https://www.nobby-tech.co.jp/measure/thermera.html


Thermeraのポイント

  • 温度計測時に放射率補正が不要
  • ガラス越しの温度計測が可能
  • 計測温度は300~2500℃(モデルによります)

主な用途

ガラス越しの温度計測、鋳造・鍛造の温度計測などに幅広くお使いいただけます。

参考事例:鉄鋼鋳造時の温度計測事例


シールドガス / アシストガス可視化解析 「Shield View」(協業会社製品)

Shield View
カトウ光研株式会社製(日本)

製品詳細:https://kk-co.jp/products/shieled_gas.php


Shield Viewのポイント

  • ガス流量やトーチの条件出しに最適なツール
  • 溶接中のシールドガスを実測で観察できる唯一の技術
  • ハイスピードカメラ「Phantom」と組み合わせて高速現象を撮影

主な用途

シールドガスの可視化に最適です。

参考ページ:https://www.nobby-tech.co.jp/measure/lighting/schlierens.html



 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加