1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ ハイスピードカメラ-計測事例
  4. ハイスピードカメラによるマイクロ流路での可視化

ハイスピードカメラによるマイクロ流路での可視化-株式会社ノビテック

ハイスピードカメラによるマイクロ流路での可視化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイスピードカメラによるマイクロ流路での可視化

ハイスピードカメラによるマイクロ流路での可視化

  

顕微鏡下で油中の水滴の挙動をハイスピードカメラPhantomTMX7510で可視化しました。マイクロ流路における水滴の挙動が鮮明に観察できました。

ハイスピードカメラ Phantom TMX7510 ハイスピードカメラ Phantom TMX7510

水と油の表面張力を比べると、水の表面張力の方がとても大きいことがわかっています。そのため水と油は混ざりません。本事例ではマイクロ流路における、油中の水滴の挙動の可視化に成功しました。画像中央の流路の入口に、偶然にも付着物がつき、それを伝って水滴が流れています。70,000fpsでの撮影ですが、1,280x640という従来にない高解像度で撮影でき、かつ感度が充分なため、ゲインアップ等も不要で、鮮明な画像が撮れています。

使用機材

ハイスピードカメラ Phantom TMX7510

ハイスピードカメラ Phantom TMX7510

機材名:ハイスピードカメラ Phantom TMX7510 モノクロ

撮影条件

・フレームレート:70,000コマ/秒
・画素数:1,280×640ピクセル
・露光時間 10μ秒

結果説明

撮影協力:東京大学院工学系研究科

機械工学専攻機械物理工学講座
高木周 先生

マイクロ流路での油中の水滴の様子を捉えました。7万fpsという高速度撮影にも関わらず1280x640の高解像度で可視化できています。それのより水滴が付着物から離れ、1粒の水滴になるまでの様子や、水と油の境界層も鮮明に撮影できています。現象のブレをなくすため、10μ秒という高速シャッタで露光しているにも関わらず、明るく撮影できているのがPhantomTMXシリーズの特徴です。

ノビテックでは顕微鏡下の可視化に適したハイスピードカメラのラインナップ各種を取り揃えております。各種デモやオンラインでのご相談も承っておりますので、こちらよりお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加