1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ ハイスピードカメラ-計測事例
  4. ハイスピードカメラによる空気砲のPIV解析

メディア

ハイスピードカメラによる空気砲のPIV解析

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイスピードカメラによる空気砲のPIV解析

空気砲のPIV解析映像

空気砲での気流の可視化を行いました。

空気の挙動はカメラでは見えませんので、トレーサと呼ばれる煙を散布します。

レーザシート光源を照射してトレーサ粒子に反射させることでハイスピードカメラで撮影できます。

レーザシート光源にはカメラの感度が高い赤色波長の連続光源を用いました。

通常撮影では暗かったため、カメラのゲインを8倍に上げましたが、誤ベクトルなくPIV解析ができています。

Phantom VEO 1310は高感度なだけでなく、CDS機能による超低ノイズを実現しているため、解析に非常に有効です。

使用機材

ハイスピードカメラ:PhantomVEO1310L モノクロモデル

照明:5W 赤色CWシートレーザ光源

撮影条件

  • 解像度:1280×960ピクセル
  • 撮影速度:10,000fps
  • 露光時間:99μ秒

精度を高めてPIV解析するコツ

PIVは精度が大切な計測です。

以下では精度の高いPIV解析を行うコツを紹介します。

画像計測向けの低ノイズ、高解像度カメラを使用する

PIVでは画像相関法を用います。

ノイズのあるカメラだと、前後画像の相関が撮れず、真の現象とは違うベクトルが算出される可能性があります。

低ノイズを実現するCDS機能を有するPhantom VEO1310がお勧めです。

適切なトレーサ粒子について

現象や視野に応じて、適切なトレーサ粒子をご提案致します。

お気軽にご相談ください。

最適な設置をする

以下のページのようにカメラと照明の位置関係を調整します。

https://www.nobby-tech.co.jp/measure/software/piv.html

PIV計測に困ったら

ノビテックでは、PIVに最適な装置の提案から、計測請負まで行っています。

まずはお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加