1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ-計測事例 溶接・金属加工可視化 溶接・金属加工可視化-計測事例
  4. 高周波誘導加熱の温度計測事例

高周波誘導加熱の温度計測事例|株式会社ノビテック

高周波誘導加熱の温度計測事例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高周波誘導加熱の温度計測事例

二色式温度計測システムThermeraによる、高周波誘導加熱の計測事例

  

高周波誘導加熱による、異種金属の接合を温度計測システムThermeraを用いて温度計測しました。放射率の補正が不要であるため、異なる種類の金属を同時に温度計測することが可能です。

induction-heating Thermera

高周波誘導加熱とは

高周波誘導加熱は、電磁誘導の原理を利用して金属を非接触で発熱させる手法です。交流の電気が流れているコイルに金属を近づけると、金属が発熱します。一般家庭にあるIHヒーターも同様の原理で動いています。高周波加熱のメリットとしては、出力によって高精度に温度を制御できること、炎を使わないことによりクリーンな空気中で加工ができ、環境に対する配慮も行えます。

高周波誘導加熱の温度のモニタリングについて

高周波誘導加熱では、金属ごとに入熱度合いが異なるため、モニタリングすることが重要となります。電流などのパラメータを決定する上で温度は欠かせません。Thermeraでは、一般的なサーモグラフィーでは難しいとされる異なる種類の金属の温度計測を1つのカメラで行うことができます。そのため、モニタリングカメラとして設置することで様々な金属に対応します。

機材セッティング

2色式温度計測カメラ Thermera-NIR2を被写体に直接向けて撮影しています。2色法というアルゴリズムを使用して画像から温度を算出しており、ガラス越し、斜め向きの撮影でも正しい温度を計測することができます。

使用機材

2色式温度計測システム Thermera-NIR2

Thermera

撮影条件

・計測温度域:500~800℃

結果説明

induction-heating

高周波加熱時の温度計測を非接触で行っています。高周波加熱ではワークに電流が流れることにより電子機器に対してノイズなどが発生し、カメラに悪影響を及ぼすことがありますが、ThermeraではFマウントレンズを使用して影響のない遠くから撮影することが可能です。また、2色法というアルゴリズムを使うことで、一般的なサーモグラフィーでは難しいガラス越しの温度計測ができ、観察窓にカメラを向けるだけで温度計測が可能です。映像データとしてすべて残すことが出来るため、時系列でさかのぼって入熱を確認できるほか、指定したエリアの温度が一定以下になったときにアラートを出すなどのソフトウェアカスタマイズも可能です。

2色法に関する詳しい原理解説は、以下のリンクを参照ください。
Thermera 2色法ページ https://www.nobby-tech.co.jp/measure/thermera/technique.html

ノビテックでは溶接の可視化や温度計測に適したハイスピードカメラのラインナップ各種を取り揃えております。各種デモやオンラインでのご相談も承っておりますので、こちらよりお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加