1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ-計測事例 溶接・金属加工可視化 溶接・金属加工可視化-計測事例
  4. フィラメントの温度計測

フィラメントの温度計測|株式会社ノビテック

フィラメントの温度計測

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィラメントの温度計測

2色式熱画像計測システムThermera-seenUによるフィラメントの温度計測

  

ガラスに囲まれたランタンの中心部にあるフィラメントの温度分布を、2色式熱画像計測システムThermera-seenUを用いて、ガラス越しの対象物を温度計測しました。

照明 温度計測Thermera

フィラメントの温度計測

2色式熱画像計測システム Thermeraは、2色法の原理を採用した非接触式放射温度計測システムで、 測定対象物に触れることなく、温度分布を面で画像表示・データ出力が可能です。一般的なサーモグラフィは、物体から出る赤外線放射エネルギーを検出し、放射の強弱で温度を算出します。ただし、測定対象物の材質や表面状態、カメラとの距離や角度によって放射率は変化する為、計測条件に合った放射率を設定する必要があります。それに対し、Thermeraは温度計測アルゴリズムに2色法を採用しているため、近接する2波長を選択し、選択した2波長の放射エネルギーの比により温度値換算されるため、測定対象物や計測条件による放射率の補正が必要なく、高精度な温度データを取得できます。

本事例は、ガラスに囲まれたランタンの中心部にあるフィラメントの温度を計測しました。 一般的なサーモグラフィでは、中~遠赤外光で計測しているため、ガラスやアクリル等の窓材は透過することができず、透過物質の向こう側の対象物を計測することができません。その為ガラスの反射の影響を受けてしまい、中心部のフィラメントの温度は計測できません。一方Thermeraでは、可視光から近赤外光で選択した2波長で温度計測を行っているため、人間の目と同じように窓越しの物体を捉えることができるため、ガラスを透過して中心部のフィラメントのみを温度計測することができます。

また、Thermeraは、計測波長が可視光~近赤外である為、一般的なカメラに使用される市販の光学レンズが使用できます。これにより、小さな物体から広い視野まで自由にレンズを選択できるので、大小様々な対象物に対応が可能になります。

今回は上述の通り、2色式熱画像計測システムThermera-seenUを用いた、ガラスに囲まれたランタンの中心部にあるフィラメントの温度計測事例を紹介します。

使用機材

2色式熱画像計測システム Thermera-seenU

ハイスピードカメラKirana

撮影条件

・温度領域:1,000-1,750℃

結果説明

フィラメントの温度計測

ガラスに囲まれたランタンの中心部にあるフィラメントの温度分布を、2色式熱画像計測システムThermera-seenUを用いて、問題なく計測できています。ガラスなどの透過物質は影響されずに計測できていることが分かります。リアルタイムに2次元で放射率補正なしに温度計測ができ、熱分布画像や時系列データの出力も可能です。

ノビテックではガラス等の内部にある対象物の高精度な温度計測に適したシステムのラインナップを各種取り揃えております。デモンストレーションやオンラインでのご相談も承っておりますので、こちらよりお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加