1. HOME
  2. ハイスピードカメラ・画像計測機器
  3. ハイスピードカメラ(高速度カメラ)
  4. 高性能コンパクトハイスピードカメラ Phantom Tシリーズ
  5. ハイスピードカメラ Phantom T3610、T2410

ハイスピードカメラ Phantom T3610・T2410・TE2010

Phantom T3610・T2410・TE2010

T1340LeftAngle
T1340LeftBackAngle
T1340Front
T1340Rear
この下から小さい(サムネイル)画像です
T1340LeftAngle
T1340LeftBackAngle
T1340Front
T1340Rear

Phantom T3610・T2410・TE2010は小型ボディに高性能センサーを採用した、バランスの良いモデルです。可搬性に優れ、設置場所を選びません。最新の裏面照射型センサーを採用し、高速度かつ高感度を実現しました。1280×800ピクセルで、38,000コマ/秒の高速撮影が可能です。

  • 特徴
  • 画素数×撮影速度
  • 仕様

業界初裏面照射型センサーを採用

Phantom T3610 は、裏面照射型センサーを採用した業界初のハイスピードカメラです。裏面照射型センサーを実装することで、Phantomの特長である超画素質を維持しつつ、今までにない超高速撮影が可能なカスタムセンサーを開発することができました。

業界初裏面照射型センサーを採用

裏面照射型センサーを実装することで、小ピクセルピッチ18.5μmながら、高いセンサー性能を実現しました。ピクセルピッチが小さいので、拡大撮影や特殊光学系での撮影に適しています。

裏面照射型センサーはBSI (Back Side Illumination)とも呼ばれ、フォトダイオードへの入射光を妨げる従来のセンサーの回路部分をセンサーの背面に配置するため、効率的に光を集めることが出来ます。このように、回路をセンサーの背面に移動することで、さらに多くの光が各ピクセルに到達できるようになり、小画素ピッチながら、高感度とQE (Quantum Efficiency・量子効率) を向上することに成功しました。

10Gbイーサネット超高速データ転送

超高速10Gbイーサネット

超高速10Gbイーサネットが標準装備されています。従来の1GBイーサネットと比較し、約10倍の超高速データ転送が可能です。例えば2GBのデータも6秒でPCに保存することができ、データ保存の待ち時間が大幅に短縮されます。

また、カメラメモリを分割することにより、撮影しながらのデータ保存ができ、保存待ち時間なしで連続撮影が可能です。

目的に応じてモード切替可能

撮影の目的に応じて、カメラの撮影モードを変更可能です。解像度優先、高速優先等を考慮し、モード切替を行うことができます。

  • スタンダードモード(超高画質)

    CDS(Correlated Double Sampling)機能を搭載した超高画質モードです。黒画像と実画像の2枚の撮影を繰り返し、黒画像を用いて毎フレームノイズ除去を行います。そのため非常にノイズが少なく、高ダイナミックレンジの撮影が可能です。

  • ビニングモード(超高速、超高感度)

    4つのピクセルを1つのピクセルとして扱う、ハードウェアビニングを行うことにより、撮影速度が最大1.7倍向上します。カラーモデルでもビニングモードを選択できますが、出力される画像はモノクロ画像となります。

シャインフルーグマウント対応

シャインフルーグマウント対応

シャインフルーグマウント対応

ステレオPIVに必要な、シャインフルーグマウントに対応した、M42レンズマウントを標準装備しております。

カメラ筐体も非常に小型な為、ステレオPIVの設置を容易に行うことが出来ます。

  Phantom T3610 Phantom T2410
解像度 スタンダードモード ビニングモード スタンダードモード ビニングモード
1,280x800 38,040 (2.2) - 24,270 (3.5) -
1,280x640 47,510 (2.2) - 30,310 (3.5) -
1,280x480 63,250 (2.2) - 40,360 (3.5) -
1,280x384 78,940 (2.2) - 50,370 (3.5) -
1,280x320 94,590 (2.2) - 60,360 (3.5) -
1,280x256 117,970 (2.2) - 75,280 (3.5) -
1,280x192 156,710 (2.2) - 100,000 (3.5) -
1,280x128 233,330 (2.2) - 148,880 (3.5) -
1,280x96 308,820 (2.3) - 197,050 (3.6) -
1,280x64 456,520 (2.3) - 291,300 (3.6) -
1,280x32 875,000 (2.3) - 558,330 (3.6) -
640x384 - 156,710 (2.3) - 100,000 (3.5)
640x320 - 187,500 (2.3) - 119,640 (3.6)
640x256 - 233,330 (2.3) - 148,880 (3.6)
640x192 - 308,820 (2.3) - 197,050 (3.6)
640x128 - 456,520 (2.3) - 291,300 (3.6)
640x64 - 875,000 (2.3) - 558,330 (3.6)
モデル TE2010
解像度 最大撮影速度(コマ/秒)及び記録時間(64GBモデル)
水平 垂直 スタンダードモード ビニングモード(モノクロ出力のみ)
1,280 832 19,210(2.2) -
1,280 800 20,000(2.2) -
1,280 640 24,940(2.2) -
1,280 640 30,760(2.2) -
768 768 34,060(2.2) -
1,024 384 51,180(2.2) -
512 512 75,520(2.3) -
640 384 - 81,810(2.2)
768 256 100,930(2.3) -
512 384 - 100,930(2.3)
768 128 196,360(2.3) -
640 128 - 234,780(2.3)
512 64 568,420(2.4) -
384 64 - 720,000 (2.5)
512 32 1,080,000 (2.5) -
256 64 - 1,080,000 (2.5)

※( )内の数字は、メモリ64GBモデルの各撮影速度時の記録時間(秒)です。

メモリ32GBモデルの場合は、記録時間が半分になり、メモリ64GBモデルの場合は記録時間が倍になります。

上記解像度以外も、スタンダードモード:256×32ピクセル、ビニングモード:128×64ピクセル毎に最低撮影速度は100コマ/秒から、上記最大撮影速度まで、任意に撮影速度の設定が可能です。

センサー性能(EMVA1288規格)

欧州マシンビジョン協会EMVAによるイメージセンサーの性能データ(532nm時)

カメラ機種 TE2010 T3610 / T2410
スタンダード/ビニング スタンダード ビニング スタンダード ビニング
量子効率(QE) モノクロ:59.9%
カラー:53.6%
35.50% モノクロ:80.3%
カラー:76.0%
74.1%
ダークノイズ 19.0 e- 37.7 e- 23.34 e- 56.6 e-
S/N比 38.5 dB 42.4 dB 39.8 dB 45.5 dB
AST(単位:P) モノクロ:32.9
カラー:39.1
108.6 モノクロ:29.7
カラー:36.0
77.2
飽和容量(単位:Ke-) モノクロ:7014
カラー:7445
17256 モノクロ:9469
カラー10344
35581
ダイナミックレンジ 51.0 dB 53.0 dB 52.0 dB 55.9 dB

※ビニングとは、4ピクセルを1ピクセルとして扱うことで撮影速度を向上させる機能です。

EMVAの各用語の解説

EMVAには、以下のようなパラメータがあります。

パラメータ 単位 説明
量子効率 % 特定の波長で電子に変換される光子の比率です。高いQEは高感度を意味します。特定の波長で正確なQE数値を知るにはセンサーのspectral response curve(波長感度特性)を参照することをお勧めします。EMVA QE数値はフィルファクタ数値を含みます。
ダークノイズ e- 又は読み出しノイズ。センサー(レンズキャップ装着時など)に入射光がないときに画像にみられるノイズです。低い数値は広いダイナミックレンジ、低照撮影および解析時の画質が向上することになります。
S/N比 dB ノイズ値に対する信号値の比率。高い数値はシグナルの高品質を意味し、照度に起きる小さな変化を検知することができます。
AST P ノイズに埋もれずに信号データを認識できる画素に必要な最低光子数。数値が低ければ低いほど、入射光が少ない撮影でも、画像として認識できるデータを表示することができます。
サチュレーション容量 Ke- Full Well Capacity (FWC)ともいいます。画素が溜めることのできる電荷量のことを言います。高い数値はセンサーの高いS/N比、つまり高いダイナミックレンジを意味します。Photon-shot noiseの為、S/N比はFWCの平方根と連動します。
ダイナミックレンジ dB 読み出しノイズに対するサチュレーションレベル信号(又はFWC)の比率。暗所の細部などの画像のグレースケールを詳細に認識できます。高いダイナミックレンジの数値は、高画像撮影ができることを意味します。12ビットの画像は最大72 dBのダイナミックレンジを持っています。
モデル T3610 T2410 TE2010
画素数(ピクセル) 1,280x800 1,280x832
撮影速度(コマ/秒)
フルフレーム
38,040 24,270 19,250
撮影速度(コマ/秒)
セグメントフレーム
875,000 558,330 1,080,000
画素ピッチ (µm) 18.5(スタンダードモード)
37(ビニングモード)
センサーサイズ(mm) 23.7 x 14.8:対角27.94 23.9 x 15.4:対角28.11
その他センサー特性 グローバルシャッター、EDR露光機能、自動露光調整機能
濃度階調 モノクロ 12ビット カラー36ビット モノクロ 10ビット カラー30ビット
最短露光時間(ns) 190
最短フレームストラドリング(ns) 229 205
モノクロ感度 ISO(T) 125,000(スタンダードモード)
160,000(ビニングモード)
表記なし(センサー性能はEMVA1288で表記)
カラー感度 ISO(T) 16,000(スタンダードモード)
12,500(ビニングモード)
表記なし(センサー性能はEMVA1288で表記)
露光指数 40,000~200,000(モノクロ)
12,500~62,500(カラー)
表記なし(センサー性能はEMVA1288で表記)
内蔵メモリ 64GB、128GB、256GB 32GB, 64GB, 128GB
レンズマウント 標準:Fマウントレンズ(絞り環なしレンズ対応)
オプション:Cマウント、EOSマウント、PLマウント、M-42マウント(シャインフルーグマウント対応)
レンコントロール EOSレンズにおいて、フォーカス及び絞りの遠隔操作可能(オプション)
メカニカルシャッタ 標準装備
オンカメラコントロール 標準装備
冷却機構 強制空冷方式(録画中の空冷ファンを止める「静音モード」あり)
インターフェース 1G/10Gb イーサネット
超高速データ転送CineMag CineMagⅤに対応(オプション) 非対応
信号入出力 固定 I/O:トリガ入力、タイムコード入力
3つの選択可能な I/O:同期信号、ストロボ信号、レディー信号、タイムコード出力、イベント、プリトリガ
映像出力 HD-SDI、Mirco HDMI
耐衝撃 30G、11m秒のこぎり波、3軸、1軸に付き2方向、1方向に付き10衝撃(計60パルス)
メモリセグメント 最大63分割可能
カメラ制御ソフトウエア「PCC」 日本語対応コントロールソフトウェア。マルチウィンドウ対応で、複数台カメラを使用した際も、画像の複数表示、同期再生が可能。画像の撮影、撮影条件の設定・保存・読込み、撮影画像の再生、動画の範囲指定、各種画像処理、特徴点の自動追尾機能・速度・加速度・角度・角速度の計測、各種ファイル変換(AVI、H264/MPEG、BMP、JPEG、TIFF等)、バーストモード、画像トリガ機能
寸法・重量 寸法:12.7x12.7x20.3cm(ハンドル除く)重量:4.3㎏ 寸法:12.7x12.7x20.3cm(ハンドル除く)重量:4.0㎏
動作環境 カメラ動作環境:-10 ~ 50°C  保管環境: -20 ~ 70°C
電源 入力電源280W 入力電源160W
準備付属品 カメラ本体、電源アダプタ、イーサーネットケーブル、日本語マニュアル、カメラ制御ソフトウエア「PCC」、キャリングケース

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

ハイスピードカメラ / 画像計測機器を使った撮影や技術質問は、お気軽にご相談ください。

WEBでのお問い合わせ・資料請求

機材の詳細なスペックや使用事例は、PDFの資料でもご覧になれます。

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

FAXでのお問い合わせ

03-3443-2660

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)