1. HOME
  2. ハイスピードカメラ・画像計測機器
  3. 画像解析ソフトウェア

画像解析ソフトウェア

ソフトウェア製品一覧

動画・画像・波形編集ソフトウェア PixelRunner GⅡ(ピクセルランナーGⅡ)
動画・画像・波形編集ソフトウェア PixelRunner GⅡ(ピクセルランナーGⅡ)

ハイスピードカメラの映像や波形データを見やすく編集するソフトウェアです。

  • 複数の動画像、波形データ(最大9個まで)を同時表示
  • 一つの動画ファイルとして保存可能
  • プレゼンテーション用動画の作成に最適
高速ひずみ解析システム DIC(デジタル画像相関法)
高速ひずみ解析システム DIC

画像からひずみを算出する計測手法です。ハイスピードカメラ等で撮影された、被写体の表面のざらつきや、被写体に塗布された特徴点をソフトウェアによって解析し、変位量からひずみ量を算出します。カメラ1台を用いた2次元DIC解析と、カメラ2台を用いた3次元DIC解析が可能です。

流体解析 PIV
流体解析 PIV

流体、機体等の流れ現象を、シート光源もしくは光学系により、任意の断面を切り出し、PIV手法を用いて速度場ベクトルの解析を行います。

画像計測機器 ハイスピードカメラのよくある質問

Q

どれくらいの価格帯から購入できますか。

A

1000fps以上撮影できるPhantom Miro Cシリーズは270万円(税別)からとなっています。また、10000fpsでは550万円~となっています。最大解像度やセンサー性能により異なるため、各モデルごとの価格に関しては、お気軽にお問い合わせください。

Q

カメラのレンタルの料金はどれくらいでしょうか。

A

最もお求めやすい1000fps撮影可能なモデルで一日11万(税別)、7万fps以上のハイエンドモデルは一日32万円(税別)でレンタル可能です。カメラ撮影や計測請負も承っています。
https://www.nobby-tech.co.jp/measure/rental

Q

スマホのスローモーションとの違いを教えてください

A

スマートフォンでは、高性能な機種でも240fps程度でしか撮影できませんが、ハイスピードカメラでは1000fpsを超える高速撮影が可能です。
また、画像処理に向いた高品質な画像が取得できるため、研究開発や製造分野ではスマートフォンよりも専用のハイスピードカメラが使用されています。

Q

本体以外に必要なものはありますか。

A

場合に応じてレンズ、三脚、照明が必要です。ノビテックではハイスピードカメラに適した各種オプションもご用意しています。クレーンを使った特殊撮影などもできますのでお問い合わせください。

Q

ハイスピードカメラの選び方はどうしたらよいのでしょうか。

A

ハイスピードカメラの選び方は、撮影したいフレームレートと必要な画素数に対応する機種を選ぶのが一般的です。ご不明な点がございましたらメール、電話でお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

ハイスピードカメラ / 画像計測機器を使った撮影や技術質問は、お気軽にご相談ください。

WEBでのお問い合わせ・資料請求

機材の詳細なスペックや使用事例は、PDFの資料でもご覧になれます。

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

FAXでのお問い合わせ

03-3443-2660

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)