1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ 三次元動作計測
  4. VENUS3D R 1kHz対応のお知らせ

メディア

VENUS3D R 1kHz対応のお知らせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VENUS3D R 1kHz対応のお知らせ

VENUS3D Rが待望の1kHzに対応しました

3次元リアルタイムモーション計測システム、Venus3D Rが1kHzの時間分解能に対応しました。これにより、従来では見えなかった事象の可視化に対応。高精度、高速計測で研究開発をサポート致します。

概要

OptiTrackのPrimeXシリーズが計測周波数1,000FPSへ対応しました。これまで計測できなかった振動、衝突試験等での計測が可能となります。 バイオメカニクス分野においてもバドミントン、剣道、野球などOptiTrackで断念してきたポイントの計測が可能となりました。

主な特徴

  • 最高速1,000Hz撮影
  • ハイスピード3次元座標計測
  • リアルタイムモニタリング
  • 精度0.1mm以下

用途

  • 加振:振動試験機を用いた試験時の測定
  • 衝突:物体の変形量測定
  • 落下:物体の落下時における傾き測定
  • 機械精度:繰り返し動作の精度測定等

計測事例

機械、構造体計測事例(1,000hz)


衝突の模擬試験

使用機材 : Prime X13 3台、Prime Color 1台
撮影条件 : 屋内 1,000Hz 各カメラからの距離50cm程度、反射マーカー27点を使用
アルミ板をハンマーで叩いたときの各マーカーの変位を表現、VENUS3D Rを用いてコンタ表示
※計測から解析まで一貫した流れで実施できます

主な仕様

モデル Primex13 Primex22

Primex41

PrimeColorFS(6.8mm)
カメラサイズ(単位:mm) W68.6×H68.8×D54.6 W126×H126×D107 W126×H126×D132 W113×H62.2×D45.4
カメラ重量(単位:g) 320 1,260 1,360 350(レンズ除く)
屋内最大検知距離(単位:m)  16(240コマ/秒)
7(1,000コマ/秒)
 21(360コマ/秒)
7(1,000コマ/秒)
 30(180コマ/秒)
9(1,000コマ/秒)
 -
撮影速度(コマ/秒) 画素数(横×縦) 画素数(横×縦) 画素数(横×縦) 画素数(横×縦)
 180 1,280×1,024    2,048×1,088   2,048×2,048 1,920×1,080
 200 2,048×1,832
 240 2,048×1,528
 300  1,152×912 2,048×1,216 1,280×720 
 360  1,024×816 2,048×1,008
 400 960×768 2,048×968 2,048×912 960×540
 500 896×688 2,048×776 2,048×720
 750 704×560 2,048×512 2,048×472 512×272
 1000 576×480 2,048×376 2,048×352

ご不明点などございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加