1. HOME
  2. メディア
  3. 三次元動作計測 三次元動作計測-計測事例
  4. VENUS3D Rでの段ボールの変形計測(面計測)

メディア

VENUS3D Rでの段ボールの変形計測(面計測)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VENUS3D Rでの段ボールの変形計測(面計測)

ダンボール変形の動画

シール型の反射マーカーを使用し、面の計測を行いました。

複数点を同時に計測することにより、面の詳細な変形を計測することが可能です。

また、選択した点の情報をリアルタイムに可視化することも可能です。

コンターカラー表示により見てわかりやすいデータが出力できるのもVENUS3D Rの特徴です。

計測だけでなく、人に見せる発表資料としても有用なデータを出力できます。

使用機材

使用カメラ:PrimeX13 4台

マーカー:5Φシールマーカー

実映像カメラ:シーンカメラ(130万画素30Hzカメラ)

解析ソフト:VENUS3D R

システム構成

カメラは、PoEハブを通して計測用PCに接続します。

給電、データ転送を一括してLANケーブルで行えるため配線を少なく抑えることができます。

撮影条件

画素数:576×480ピクセル 

撮影速度:1000Hz

解析情報:変位のコンター表示

最適なシステム

高い撮影速度で計測ができるPrimeXシリーズが最適です。

その中でも、狭い空間を計測する場合はPrimeX41が最適です。

解像度が高いので空間分解能を挙げることができ、より精度の良い計測が可能です。

より広い範囲を計測する場合は、PrimeX22もしくは、PrimeX13がおすすめです。

変位計測に困ったら

ノビテックでは、変位計測に最適な装置の提案から、計測請負まで行っています。

まずはお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加