1. HOME
  2. メディア
  3. ハイスピードカメラ ハイスピードカメラ-計測事例
  4. Phantomシリーズ超小型モデルMiro C321でCDプリンターの挙動を撮影

メディア

Phantomシリーズ超小型モデルMiro C321でCDプリンターの挙動を撮影

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Phantomシリーズ超小型モデルMiro C321でCDプリンターの挙動を撮影

ハイスピードカメラ Phantom Miro C321を使用し、CDプリント時のプリントヘッド挙動とディスクオートローディング機構の挙動を撮影しました。

映像では、プリントヘッドが停止時にわずかに振動している様子や、オートローディング機構とCD挙動の関係が観察できます。

Phantom Miro C321は、シリーズ最軽量、最小のハイスピードカメラです。
小型かつ軽量ながら、フル解像度1,920 × 1,080ピクセルで最大1,480fpsの高速撮影が可能です。

内蔵バッテリとバックアップメモリを備えているため、もし電源供給が断たれた場合でも試験データを安全に保存できます。

オプションのジャンクションボックスを用いればMiro Cシリーズを6台まで同時接続でき、電源供給やトリガー信号を一括管理できます。

このカメラは機械挙動の以外に、最大170Gの耐G性能と24Grmsの振動耐性を活かし、衝突試験や落下試験、振動試験などに最適です。

使用機材 

  • ハイスピードカメラ:Phantom Miro C321
  • ユーテクノロジー高輝度LED照明

撮影条件

  • 解像度:1,920×1,080ピクセル
  • 撮影速度:1,000コマ/秒
  • 露光時間:100µ秒

設置風景

照明をレンズと同軸方向から照射しました。

三脚だけでなく、小型のクランプアームなどで狭小部にも設置が可能です。

機械挙動の撮影はお気軽にご相談ください

ノビテックでは、機械挙動の解析、撮影に最適な装置の提案から計測請負まで行っています。まずはお気軽にご相談ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加