1. HOME
  2. ハイスピードカメラ・画像計測機器
  3. 画像解析ソフトウェア
  4. ひずみ解析ソフトウェア MercuryRT

ひずみ解析システム DIC(デジタル画像相関法)

ひずみ解析(DIC)ソフトウェア MercuryRT

Mercuryはデジタルカメラで撮影された変形前後の画像からDIC(デジタル画像相関法)によって非接触でひずみ分布の解析を行うソフトウェアです。
新製品の開発、CAEシミュレーションとの比較、そのほか様々な材料強度の評価試験に最適です。

Mercury MS,s.r.o.社(チェコ)

Mercuryを実際の画面で体験!

Mercuryの優れた機能を、ぜひオンラインデモで体験してください。
登録不要、クリックするだけで体験できます。

ソフトウェアは2D / 3Dをラインナップ

Mercuryには、2Dモジュールと3Dモジュールの2ラインナップがあります。

2Dモジュール

2Dモジュール

Mercuryの2Dモジュールは、平面的な対象物の寸法や変形を測定するために使用されます。これには、長さ、幅、面積などの基本的な測定が含まれます。

3Dモジュール

3Dモジュール

【3Dモジュール】
3Dモジュールは、立体的な物体の寸法や変形を測定するために設計されています。これは、立体的な形状や深さの測定、複雑な3次元的変形の分析に特に有効です。

ソフトウェアの主な機能

特長① 豊富な解析機能

Mercuryは各主ひずみに加え、一軸方向ひずみ、せん断、ひずみ速度など様々な解析項目を搭載しています。これによりシミュレーションや理論上の数値と実際の現象の比較が可能です。

出力項目一覧

特長② プローブ機能一覧

プローブ機能一覧

特長③ ソフトウェア上でカメラ制御

ソフトウェア上でカメラ制御

Mercuryは高速度カメラPhantom、各種マシンビジョンカメラの制御に対応しています。
Mercuryのソフトウェアからカメラをコントロールし、撮影から解析までを同一ソフトウェア上で行うことができます。
これにより、ソフトウェアを行き来する手間が省けます。

特長④ リアルタイム計測

リアルタイム計測

Mercuryのリアルタイム計測機能は、物体や材料の動的な挙動をリアルタイムで捉え、分析するための強力なツールです。この機能は物体の動きや変形を瞬時に計測し、そのデータをリアルタイムで処理・表示します。これにより、材料の応力試験、構造物の振動分析、製品の品質検査など、試験前の相関を確認する事前テストなど多岐にわたる用途での活用が可能になります。

拡張機能

Mercuryでは、ひずみ解析に必要な機能を標準で取り揃えており、お客様の要望に応じて拡張機能を追加購入することが可能です。

VIBROGRAPHY(FFT)

〇〇の様子

振動計測およびたわみ形状の分析機能

CRACK

〇〇の様子

リアルタイムのクラック進展計測機能

FORMSYS

〇〇の様子

振動計測およびたわみ形状の分析機能

THERMOELASTIC STRESS
ANALYSIS

〇〇の様子

熱弾性応力解析機能

使いやすさのポイント

Mercuryは、ユーザーが撮影から解析までのプロセスをスムーズに実行できるよう、充実したユーザーアシスト機能を備えています。

高品質な解析機能、優れたユーザーインターフェース

サンプル

Mercuryは様々な研究、材料試験、製品評価で活用ができる高品質な解析アルゴリズムと、優れたユーザーインターフェースを持ち合わせています。使用者の目的を反映する細かな解析条件の設定や、解析データは足剤に映像とグラフで視覚的に確認が可能です。また解析結果は動画データとして出力が可能なほか、必要なグラフ解析項目を指定しcsvファイルとして出力することも可能です。

フォーカスアシスト

ひずみ解析をするための画像撮影を行う際に、フォーカスが合っているかどうかは計測品質に大きく影響する重要な要素です。この機能を有効にすることでフォーカスが合っている部分は緑色に強調され視覚的にDIC解析に適した画像かどうかを判断することが可能になります。カメラの焦点を正確に合わせることで、画像解析の精度が向上します。

フォーカスアシスト

ライブ画像

フォーカスツール有効

フォーカスツール有効

パターン評価

DIC解析では、被測定物の表面に適用されたパターン(通常はスペックルパターン)の品質が測定精度に直接影響します。 パターン評価機能は、測定前にこのパターンの品質を評価し、適切なパターンが適用されているかどうかを確認するために使用されます。
この機能を有効にすることでパターンの品質を視覚的に評価し、高品質(緑)>中品質(黄)>低品質(赤)とランク付けをすることができ、測定開始前にパターンの問題点を特定し、必要に応じて改善することができます。
これにより、測定の再実施を避けることができ、時間とリソースの節約につながります。
この機能を活用することで、ユーザーは専門的な知識がなくても簡単にパターン品質を評価できます。

パターン評価

計測例

引張試験

ゴム素材のひずみ分布

ヘルメットの耐衝撃性

顕微鏡 × CFRPの亀裂の進展

その他のDIC事例

システム構成

ハイスピードカメラT1340

カメラ

お客様のご要望に応じて選定いたします。
ゆっくり変形するものであれば産業用カメラ、破断や衝突などの高速な現象を計測する場合はハイスピードカメラが必要です。
解像度が高いほど細かく相関を見られるため、精度が高まります。

ひずみ解析ソフトウェア Mercury RT

ひずみ解析ソフトウェア Mercury RT

デジタルカメラで撮影した画像を処理するのがひずみ解析ソフトウェアです。
変形前後の画像を使用しパターン群の変形を捜索、演算解析を行い、ひずみを可視化解析します。
解析したデータはcsv、動画、画像で出力可能です。

解析用PC

解析用PC

ひずみ解析ソフトウェアを動かすPCが必要になります。
【推奨スペック】
CPU:Intel Core i7 以上
メモリ:32GB 以上
グラフィックボード:NVIDIA GeForce GTX1650 4GB 以上

キャリブレータ

キャリブレータ

高精度な計測を行うためのパターンが描かれたプレートです。

  • カメラレンズの歪み補正
  • 2D測定の平面におけるピクセルと物理単位(ミリメートル)の設定
  • 3D座標系の設定

のために使用します。
撮影領域に合わせて様々なサイズを取り揃えています。

価格

Mercuryソフトウェアは基本パッケージ買い切りです。
価格は予告なく変更される場合がございます。

Mercury RT 2D

平面の構造物を計測することができます。
カメラ1台を使用するシステムなので、引張試験など平面上のひずみを見る際に最適です。
リアルタイムデータ出力にも対応しています。
※3Dへのアップグレードが可能です

本体価格

135万円(税抜)

Mercury RT 2D/3D

物体の3次元の変形やひずみを計測することが可能です。曲面を持つ物体や回転体などを撮影する際に必要です。ソフトウェアでは2D / 3D両方の計測が可能です。

本体価格

198万円(税抜)

ソフトウェア主仕様

解析機能 ベクトル表示、カラーマップ表示、各項目のグラフ化、3D表示機能
再生表示 2次元オーバーレイ、3次元オーバーレイ、3次元アニメーション動画(360度回転可能)
読み込み可能ファイル cine、avi、mp4、mov、BMP、TIFF、JPG
データ出力 csv、avi、JPG、BMP、PNG
Phantom Cine ファイル対応 PhantomオリジナルRawファイル「.cine」に対応しています。汎用フォーマットに変換することなく、解析を行うことが可能です。
制御対応カメラ Phantom、Basler、IDS、Ximea

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

ハイスピードカメラ / 画像計測機器を使った撮影や技術質問は、お気軽にご相談ください。

WEBでのお問い合わせ・資料請求

機材の詳細なスペックや使用事例は、PDFの資料でもご覧になれます。

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

FAXでのお問い合わせ

03-3443-2660

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)