HOME > ハイスピードカメラはこちら > ハイスピードカメラの紹介 > 中赤外線ハイスピードカメラ TACHYON 16k、TACHYON 16k Plus

中赤外線ハイスピードカメラ TACHYON 16k、TACHYON 16k Plus

中赤外線ハイスピードカメラ TACHYON 16k

TACHYON 16k(タキオン16k)、TACHYON 16k Plus(タキオン16kプラス)は、中赤外線(1μm~5μm)の波長感度域を持つ、中赤外線ハイスピードカメラです。フル解像度128x128ピクセル時に4,000fps(16kプラス)の高速度撮影が可能です。各種アーク溶接、レーザー溶接、金属3Dプリンタ、高熱ガスの流れ、ガラスの加工工程、ガス、火炎の検知など、様々な研究開発・製造現場に最適です。100℃以上の物体・気体を可視化可能です。 非冷却式で小型・軽量かつギガイーサネットPoE2.0に対応しており、簡単に設置を行うことができます。さらに、お求めやすい価格設定の小型熱画像可視化カメラです。

New Infrared Technologies (NIT)社 (スペイン)
製品カタログ   製造元リンク

小型・軽量・コンパクトサイズ


TACHYON 16k、TACHYON 16k Plusは、66x62x62mm (LxWxD)の小型カメラで、起動時間も10秒以内です。カメ本体の重体は400gと非常に軽量で、持ち運び、設置が容易です。
 

高速赤外線撮影 最大10,000コマ/秒

TACHYON 16k plus は128x128ピクセルで、4,000コマ/秒の高速度撮影が可能で、各種溶接、金属3Dプリンター、高熱ガスの流れ等の高速現象の可視化が可能です。 また、最大で10,000コマ/秒(32×32ピクセル時)の高速撮影も可能です。   高速赤外線撮影

100℃以上の熱放射体の検出可能

TACHYON 16k、TACHYON 16k Plusの最低検出温度は100℃で、熱放射体(固体、気体)の可視化が可能です。

また、溶接の溶融池の幅、面積、重心位置等を検出し、リアルタイム及びオフラインで解析することが可能です。

 

主仕様

 

                                   
画素数

128×128ピクセル (16,384ピクセル)

撮影速度

最大 4,000コマ/秒 (フルフレーム時 TACHYON 16k Plus)
最大 2,000コマ/秒 (フルフレーム時 TACHYON 16k)
最大10,000コマ/秒(32×32ピクセル)

画素ピッチ

50μm

センサーサイズ

6.2㎜×6.2㎜

濃度諧調

14ビット

波長感度

1.0μm~5.0μm

検出ピーク波長

3.7μm

露出時間

10~1,000μs 選択可能

最低検知可能温度

100℃~

インターフェース

ギガイーサネット2.0 PoE対応
多目的なデジタル入力/出力 (トリガ入力/出力等)

シャッター方式

グローバル(TACHYON 16k Plus)

インターレス(TACHYON 16k)

ROI設定

ROI設定可能。より高速な撮影速度設定可能。

メカニカルシャッタ―

標準搭載 オフセット補正可能

起動時間

10秒以内

取付固定穴

カメラ底面:1/4インチ 三脚固定ネジ×2、M4×2、M3×3
カメラ側面:M4×2、M3×1 (両側面とも)
カメラ上面:M4×2、M3×3

レンズマウント

CSマウント

レンズ

標準:35㎜ F1.1  視野角10.5×10.5°透過波長:3~5μm
オプション:40㎜、50㎜ 透過波長:1~5μm

電源

PoE、8W (PoE以外の場合は、12VDC電源アダプタが必要)

寸法・重量

66(L)×62(W)×62(H)mm・400g (すべてレンズ除く)

ソフトウェア

NIT Software Suite(カメラコントロールソフトウェア)
SDK対応可能

用途

レーザー溶接

ガス検出

高熱ガスの流れ

金属3Dプリンタ

ハイスピードカメラ一覧に戻る                                

  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
お問い合わせフォーム