1. HOME
  2. ハイスピードカメラ・画像計測機器
  3. ハイスピードカメラの紹介
  4. フラッグシップハイスピードカメラ Phantom TMX-7510/6410

フラッグシップハイスピードカメラ Phantom TMX-7510/6410/5010

Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
この下から小さい(サムネイル)画像です
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510
Phantom TMX 7510

Phantom TMX-7510は1,280x800ピクセル、100万画素で76,000コマ/秒の超高速度撮影を実現しました。最高撮影速度も、驚異の175万コマ/秒が可能で、最高撮影時の解像度は、1,280x32ピクセルもしくは640x64ピクセルです。画像補間などは行っておらず、グローバルシャッターでの実解像度、実撮影速度での撮影を行っておりますので、動体解析、PIV、DIC等の画像解析にも最適です。撮影速度を抑えたTMX6410、TMX5010と併せて3モデルのラインナップがございます。

  • 特徴
  • 画素数×撮影速度
  • 仕様
  • 動画
  • FAQs

業界初裏面照射型センサーを採用

Phantom TMX は、裏面照射型センサーを採用した業界初のハイスピードカメラです。裏面照射型センサーを実装することで、Phantomの特長である超画素質を維持しつつ、今までにない超高速撮影が可能なカスタムセンサーを開発することができました。

裏面照射型センサーを実装することで、小ピクセルピッチ18.5μmながら、超高感度ISO 125,000T(モノクロ)を実現しました。ピクセルピッチが小さいので、拡大撮影や特殊光学系での撮影に適しています。

裏面照射型センサーはBSI (Back Side Illumination)とも呼ばれ、フォトダイオードへの入射光を妨げる従来のセンサーの回路部分をセンサーの背面に配置するため、効率的に光を集めることが出来ます。このように、回路をセンサーの背面に移動することで、さらに多くの光が各ピクセルに到達できるようになり、小画素ピッチながら、高感度とQE (Quantum Efficiency・量子効率) を向上することに成功しました。

Phantom TMXは、柔軟な設定と、多機能を有しており、研究者が追及する、究極の映像を取得することが出来ます。

Phantom TMX 6410モデル

ビニングモード

4つのピクセルを1つのピクセルとして扱える、ハードウェアビニングモードを選択可能な事により、撮影速度を維持しつつ、高解像度の撮影も実現できます。スタンダードモードでは、Phantom TMXは300,000コマ/秒@1280x192ピクセル(横長い長方形)での撮影が可能ですが、ビニングモードに切り替えると、同様の速度で640x384(縦方向に長い長方形)が実現可能です。これらの解像度の違いは、研究者が高速実験のサイズと形状により、解像度を自由に選択できることを実現しました。

大容量メモリ、10Gbイーサネット超高速データ転送

超高速度カメラでは録画時間を延ばすために、カメラ内部のデータ容量を増やす必要があります。Phantom TMXには、最大512GBのオンボードメモリ、及びカスタムの不揮発性データストレージであるPhantom CineMag(オプション)が掲載可能で、標準で10Gbイーサネット超高速データ転送機能も標準装備されています。これらのワークフローツールはすべてのTMXモデルで利用頂けます。

Phantom TMX6410のCineMagオプション付き

従来のPhantomハイスピードカメラシリーズと同様に、Phantom TMXは交換可能な各種レンズマウントに対応しています。 (標準:Fマウント オプション:EOS、C、M42、PL)

モデル TMX 7510 TMX 6410 TMX 5010
解像度 スタンダードモード ビニングモード スタンダードモード ビニングモード スタンダードモード ビニングモード
1,280x800 76,000 (2.2) - 65,940 (2.5) - 50,725 (3.3) -
1,280x640 94,590 (2.2) - 81,980 (2.5) - 63,060 (3.3) -
1,280x480 126,500 (2.2) - 109,630 (2.5) - 84,330 (3.3) -
1,280x448 134,610 (2.2) - 116,660 (2.5) - 89,740 (3.3) -
1,280x384 156,710 (2.2) - 135,820 (2.5) - 104,470 (3.3) -
1,280x320 187,500 (2.2) - 162,500 (2.5) - 125,000 (3.3) -
1,280x256 233,330 (2.2) - 202,220 (2.5) - 155,550 (3.3) -
1,280x192 308,820 (2.2) - 267,640 (2.5) - 205,880 (3.3) -
640x384 - 308,820 (2.2) - 267,640 (2.5) - 205,880 (3.3)
1,280x160 375,000 (2.2) - 325,000 (2.5) - 250,000 (3.3) -
640x320 - 375,000 (2.2) - 325,000 (2.5) - 250,000 (3.3)
1,280x128 456,520 (2.2) - 395,650 (2.6) - 304,340 (3.4) -
640x256 - 456,520 (2.2) - 395,650 (2.6) - 304,340 (3.4)
1,280x96 617,640 (2.2) - 535,290 (2.6) - 411,760 (3.3) -
640x192 - 617,640 (2.2) - 535,290 (2.6) - 411,760 (3.3)
1,280x64 772,050 (2.7) - 758,330 (2.7) - 583,330 (3.5) -
640x128 - 772,050 (2.7) - 758,330 (2.7) - 583,330 (3.5)
1,280x32 1,750,000 (2.3) - 1,516,660 (2.7) - 1,166,660 (3.5) -
640x64 - 1,750,000 (2.3) - 1,516,660 (2.7) - 1,166,660 (3.5)

※( )内の数字は、メモリ256GBモデルの各撮影速度時の記録時間(秒)です。

メモリ128GBモデルの場合は、記録時間が半分になり、メモリ512GBモデルの場合は記録時間が倍になります。

上記解像度以外も、スタンダードモード:256×32ピクセル、ビニングモード:128×64ピクセル毎に最低撮影速度は100コマ/秒から、上記最大撮影速度まで、任意に撮影速度の設定が可能です。

モデル TMX 7510 TMX 6410 TMX 5010
画素数(ピクセル) 1,280x800
撮影速度(コマ/秒)
フルフレーム
76,000 65,940 50,725
撮影速度(コマ/秒)
セグメントフレーム
1,750,000 1,516,660 1,166,660
画素ピッチ (µm) 18.5(スタンダードモード)
37(ビニングモード)
センサーサイズ(mm) 23.7 x 14.8:対角27.94
その他センサー特性 グローバルシャッター、EDR露光機能、自動露光調整機能
濃度階調 モノクロ 12ビット カラー36ビット
最短露光時間(ns) 95
最短フレームストラドリング(ns) 229
モノクロ感度 ISO(T) 125,000(スタンダードモード)
160,000(ビニングモード)
カラー感度 ISO(T) 16,000(スタンダードモード)
12,500(ビニングモード)
露光指数 40,000~200,000(モノクロ)
12,500~62,500(カラー)
内蔵メモリ 128GB, 256GB, 512GB
レンズマウント 標準:Fマウントレンズ(絞り環なしレンズ対応)
オプション:Cマウント、EOSマウント、PLマウント、M-42マウント(シャインフルーグマウント対応)
レンコントロール EOSレンズにおいて、フォーカス及び絞りの遠隔操作可能(オプション)
メカニカルシャッタ 標準装備
オンカメラコントロール 標準装備
冷却機構 強制空冷方式(録画中の空冷ファンを止める「静音モード」あり)
インターフェース 1G/10Gb イーサネット
超高速データ転送CineMag CineMagⅤに対応(オプション)
信号入出力 固定 I/O:トリガ入力、タイムコード入力
3つの選択可能な I/O:同期信号、ストロボ信号、レディー信号、タイムコード出力、イベント、プリトリガ
映像出力 3G-SDI(2ポート)
耐衝撃 30G、11m秒のこぎり波、3軸、1軸に付き2方向、1方向に付き10衝撃(計60パルス)
メモリセグメント 最大511分割可能
カメラ制御ソフトウエア「PCC」 日本語対応コントロールソフトウェア。マルチウィンドウ対応で、複数台カメラを使用した際も、画像の複数表示、同期再生が可能。画像の撮影、撮影条件の設定・保存・読込み、撮影画像の再生、動画の範囲指定、各種画像処理、特徴点の自動追尾機能・速度・加速度・角度・角速度の計測、各種ファイル変換(AVI、H264/MPEG、BMP、JPEG、TIFF等)、バーストモード、画像トリガ機能
寸法・重量 寸法:17.8 x 17.8 x 29.7 cm(ハンドル除く) 重量:9.1kg
動作環境 カメラ動作環境:-10 ~ 50°C  保管環境: -20 ~ 70°C
電源 100‐240 VAC、20‐28VDC 入力電圧 400W
準備付属品 カメラ本体、電源アダプタ、イーサーネットケーブル、日本語マニュアル、カメラ制御ソフトウエア「PCC」、キャリングケース

ゼラチンへの銃弾の打ち込み

ビールジョッキの破壊、クラック

スプレーノズル・噴霧

プラズマ

超音波

Q

Phantom TMXで採用されている裏面照射型センサーは、他のセンサーとどう違うのですか?

A

裏面照射型センサー(BSI技術)を採用したPhantom TMXは世界初のハイスピードカメラです。他の高速度カメラでは、前面照明(FSI)センサー技術を使用しています。BSI技術を採用したセンサーでは、センサーアーキテクチャー内でフォトダイオードが光源に近く、センサーの金属回路がフォトダイオードの背後にあります。

この設計には2つの主な利点があります。1つ目は、フォトダイオードが光源に近く、金属回路によって妨げられないため、光感度と量子効率が向上することです。2つ目は、フォトダイオードの背後にある金属を設計することで効率を高めることができるため、フレームレートが増加してもスルーアウトプットが維持されます。

簡単に説明すると、フレームレートが上がるとBSI技術を用いているPhantom TMXは、FSI技術を搭載した従来のハイスピードカメラと比べると、超解像度かつ超高感度での撮影が実現できる特徴を持っています。

ハイスピードカメラに関するお問い合わせ

CONTACT

弊社取り扱いのハイスピードカメラ・可視化に関するこんなお悩みは有りませんか?

  • 高速現象を捉えて計測したい
  • ハイスピードカメラを導入したいが、使用経験がなく使いこなせるか不安
  • 高速に起こる流体やひずみ、変位の可視化、計測を行いたい

などなど、どんなささいな事でもご相談承りますので、まずはお気軽にご相談下さい。
製品のレンタル・撮影や計測請負の他、デモルームもご用意しておりますので、製品デモや見学も承ります。

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ・カタログ請求

お問い合わせ・カタログの請求はこちらのフォームをご利用ください

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

FAXでのお問い合わせ

03-3443-2660

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)