1. HOME
  2. ハイスピードカメラ・画像計測機器
  3. ハイスピードカメラ(高速度カメラ)
  4. 小型・多機能ハイスピードカメラ Phantom VEO
  5. ハイスピードカメラ Phantom VEO 1310、VEO 1010、VEO 610

ハイスピードカメラ Phantom VEO 1310・1010・610

 

Phantom VEO 1310、VEO 1010、VEO 610

ハイスピードカメラPhantom VEO 1310、VEO 1010、VEO 610は、小型・高速度・高感度というVEOシリーズの特徴を維持しながら、さらなる高速度、高感度を誇り、撮影性能の向上を実現させました。またCDS機能の搭載により、圧倒的な高画質を誇ります。
撮影速度は、フル解像度1,280x 960ピクセル時10,680コマ/秒の高速撮影が可能です。照明が少ない現場でもハイスピード撮影が可能です。 ビニングモードに切り替えると、更に高速化、高感度化を実現することが出来ます。

Vision Research Inc.(米国)

  • 特徴
  • 画素数×撮影速度
  • 仕様
  • サンプル動画

CDS機能

Phantom VEO 1310、VEO 1010、VEO 610は、CDS機能(Correlated Double Sampling)を搭載し、圧倒的な高画質・高ダイナミックレンジを誇ります。

暗部ノイズ比較画像

従来機

従来機

CDS

CDS搭載機

高速撮影

Phantom VEO 1310は、フル解像度1,280×960ピクセル時10,860コマ/秒の高速撮影が可能です。
最大423,350コマ/秒の超高速撮影も可能となっています。

詳細スペックはこちらをご覧ください。

小型・軽量

Phantom VEO 1310、1010、610はLモデルとSモデルの2つのモデルがあります。
Lモデルは 125mmx125mmx125mmで、ソフトウェアでI/O信号を切替可能なBNCコネクタが装備されています。
Sモデルは125mmx125mmx140mmで、CFast対応、オンカメラコントロール、バッテリー入力、追加I/O信号が装備されます。

ビニングモード

ハードウェアビニングを行うことにより、640x480ピクセルで40,300コマ/秒、最大423,350コマ/秒 の超高速撮影(VEO 1310使用時)を行うことが出来ます。
モノクロとカラーの両方のカメラモデルでビニングモードを実行できますが、ビニングモードでの出力はモノクロとなります。

解像度 VEO 1310 VEO 1010 VEO 610
最大撮影速度(コマ/秒)及び記録時間
画素数 (ピクセル) スタンダードモード ビニングモード スタンダードモード ビニングモード スタンダードモード ビニングモード
1,280 x 960 10,860 (3.6秒) - 8,420 (4.4秒) - 5,610 (7.1秒) -
1,280 x 804 12,900 (3.6秒) - 9,330 (4.4秒) - 6,670 (7.1秒) -
1,280 x 720 14,350 (3.6秒) - 11,140 (4.4秒) - 7,420 (7.1秒) -
1,280 x 240 40,300 (3.9秒) - 31,270 (4.8秒) - 20,840 (7.6秒) -
960 x 960 13,333 (3.9秒) - 10,340 (4.8秒) - 6,890 (7.6秒) -
640 x 480 30,030 (5.1秒) 40,300 (3.9秒) 23,300 (6.4秒) 31,270 (4.8秒) 15,530 (10.0秒) 20,840 (7.5秒)
640 x 240 57,360 (5.3秒) 73,510 (4.2秒) 44,510 (6.8秒) 57,030 (5.2秒) 29,670 (10.0秒) 38,020 (8.0秒)
640 x 120 105,260 (5.7秒) 125,000 (4.9秒) 81,660 (7.2秒) 96,980 (6.4秒) 54,440 (11.0秒) 64,650 (9.4秒)
640 x 96 126,360 (5.9秒) 145,360 (5.2秒) 98,030 (7.6秒) 112,780 (6.8秒) 65,350 (11.0秒) 75,180 (10.0秒)
640 x 72 158,030 (6.3秒) 173,650 (5.8秒) 122,610 (8.0秒) 134,730 (7.2秒) 81,740 (11.0秒) 89,820 (10.0秒)
640 x 48 210,900 (6.9秒) 215,610 (6.9秒) 163,630 (8.8秒) 167,280 (8.8秒) 109,090 (12.0秒) 111,520 (10.0秒)
320 x 240 57,360 (10.3秒) 105,260 (5.7秒) 44,510 (13.2秒) 81,660 (7.2秒) 29,670 (20.0秒) 54,440 (10.0秒)
320 x 72 158,030 (11.9秒) 253,270 (7.6秒) 122,610 (15.2秒) 196,500 (9.6秒) 81,740 (23.0秒) 131,000 (14.0秒)
320 x 24 316,930 (15.3秒) 423,350 (11.9秒) 245,900 (19.6秒) 328,460 (15.2秒) 163,930 (29.0秒) 218,970 (22.0秒)

※上記解像度以外にも、640×12ピクセル(スタンダードモード)、320×6ピクセル(ビニングモード)毎に、任意の解像度に設定可能です。
水平解像度は、更に小さい値に設定することも可能ですが、撮影速度は向上せず、記録時間のみ長くすることが可能です。最低撮影速度は50コマ/秒です。

※上記記録時間は、最大メモリ72GBの撮影時間です。撮影時間は、36GBの場合は半分、18GBの場合は1/4となります。

※シャッターオフモードにすると、640×12画素と320×24画素にてさらに最高撮影速度を向上することができます。
604,000コマ/秒(VEO 1310)、468,000コマ/秒(VEO 1010)、312,000コマ/秒(VE O610)。

センサー性能(EMVA1288規格)

欧州マシンビジョン協会EMVAによるイメージセンサーの性能データ(532nm時)

スタンダード/ビニング スタンダード ビニング
量子効率(QE) モノクロ:71.6%,カラー:53.3% 63.8%
ダークノイズ 13.65 e- 29.27 e-
S/N比 40.7 dB 43.7 dB
AST(単位:P) モノクロ:19.8, カラー:24.2 46.7
飽和容量(単位:Ke-) モノクロ:11700,カラー:21024 23183
ダイナミックレンジ 58.3 dB 57.8 dB

※ビニングとは、4ピクセルを1ピクセルとして扱うことで撮影速度を向上させる機能です。

EMVAの各用語の解説

EMVAには、以下のようなパラメータがあります。

パラメータ 単位 説明
量子効率 % 特定の波長で電子に変換される光子の比率です。高いQEは高感度を意味します。特定の波長で正確なQE数値を知るにはセンサーのspectral response curve(波長感度特性)を参照することをお勧めします。EMVA QE数値はフィルファクタ数値を含みます。
ダークノイズ e- 又は読み出しノイズ。センサー(レンズキャップ装着時など)に入射光がないときに画像にみられるノイズです。低い数値は広いダイナミックレンジ、低照撮影および解析時の画質が向上することになります。
S/N比 dB ノイズ値に対する信号値の比率。高い数値はシグナルの高品質を意味し、照度に起きる小さな変化を検知することができます。
AST P ノイズに埋もれずに信号データを認識できる画素に必要な最低光子数。数値が低ければ低いほど、入射光が少ない撮影でも、画像として認識できるデータを表示することができます。
サチュレーション容量 Ke- Full Well Capacity (FWC)ともいいます。画素が溜めることのできる電荷量のことを言います。高い数値はセンサーの高いS/N比、つまり高いダイナミックレンジを意味します。Photon-shot noiseの為、S/N比はFWCの平方根と連動します。
ダイナミックレンジ dB 読み出しノイズに対するサチュレーションレベル信号(又はFWC)の比率。暗所の細部などの画像のグレースケールを詳細に認識できます。高いダイナミックレンジの数値は、高画像撮影ができることを意味します。12ビットの画像は最大72 dBのダイナミックレンジを持っています。
  VEO 1310 VEO 1010 VEO 610
総画素数 1,280×960ピクセル(ビニングモード 640x480ピクセル)
撮影速度 フルフレーム 10,860コマ/秒
(スタンダードモード)
40,300コマ/秒
(ビニングモード)
8,420コマ/秒
(スタンダードモード)
31,270コマ/秒
(ビニングモード)
5,610コマ/秒
(スタンダードモード)
20,840コマ/秒
(ビニングモード)
最高撮影速度 セグメントフレーム 423,350コマ/秒 328,460コマ/秒 218,970コマ/秒
画素ピッチ 18μm
センサーサイズ 23mm x 17.3mm
濃度階調 12bit
最短露光時間 709ns
感度(ISO/ASA) スタンダードモード ISO 80,000(モノクロ) 8,000(カラー)
ビニングモード ISO 125,000(モノクロ)、10,000(カラー)
内蔵メモリ 18 GB, 36 GB, 72 GB
レンズマウント 標準:Fマウントレンズ(Gスタイルレンズサポート)
オプション:Cマウント
EOSマウント(電子レンズ制御可能)
レンズコントロール オプションのEOSマウントにてソフトウェアからの制御可能
メカニカルシャッタ 標準装備
冷却機構 空冷
映像信号出力 Micro HDMI、HD-SDI
プログラムI/O 同期信号入出力、ストロボ出力、イベント入力、トリガ出力、レディー信号出力、IRIG信号入出力等。
メモリセグメント 最大63分割
フレームストラドル時間 726ns
通信インターフェース 10Gbイーサネット、1Gbイーサネット
オンカメラコントロール Sモデルのみ対応
耐G機能 耐衝撃:30G、100G(メカニカルシャッタ無モデル)のこぎり波、11ms、10回、3軸 MIL-STD-202G適合
カメラ制御ソフトウェア「PCC」 日本語対応コントロールソフトウェア。マルチウィンドウ対応で、複数台カメラを使用した際も、画像の複数表示、同期再生が可能。画像の撮影、撮影条件の設定・保存・読み込み・撮影画像の再生、動画の範囲指定、各種画像処理、特徴点の自動追尾距離・速度・加速度・角度・角速度の計測、バーストモード、各種ファイル変換(AVI、H264/MPEG、BMP、JPEG、TIFF等)
寸法・重量 Lモデルサイズ:125mmx125mmx125mm 重量:2.7kg
Sモデルサイズ:125mmx125mmx140mm 重量:3kg
動作環境 -10~50℃
電源 100-240VAC、16-32VDC入力 80W サブ電源入力12V(Sモデルのみキャプチャ端子経由)
標準付属品 カメラ本体、電源アダプタ、イーサネットケーブル、日本語マニュアル、カメラ制御ソフトウェア「PCC」、キャリングケース

エタノール着火

水中落下

機械挙動

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

ハイスピードカメラ / 画像計測機器を使った撮影や技術質問は、お気軽にご相談ください。

WEBでのお問い合わせ・資料請求

機材の詳細なスペックや使用事例は、PDFの資料でもご覧になれます。

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

FAXでのお問い合わせ

03-3443-2660

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)