イメージングプレート

デジタルイメージングプレート読取解析装置

デジタルイメージングプレート読取解析装置は、化学薬品が必要なく、環境問題のないフィルム式に替わるデジタル式のイメージングプレートです。X線画像を撮影後すぐに表示でき、研究室、病院、オフィスおよび他のどのような場所でもカートによって持ち運ぶことが出来ます。本装置はイメージングプレート、プレートリーダ、イレイサー、フィルムカセッテ、イメージ獲得ワークステーションおよびソフトウェアから成り、ローカルあるいはワイドエリア・ネットワーク(LAN/WAN)の上の目的地へイメージを得て、処理し、送ることができます。読み取った画像は各種画像処理、解析、デジタルファイリングが可能です。

 

L3 communications社:アメリカ
製造元リンク    
     
プレートリーダ  
プレートリーダ

X線画像の読取装置です。 電源のみで動作し、化学薬品を必要としません。

  イメージングプレートおよびカセッテ  
イメージングプレートおよびカセッテ

従来のフィルムに変わる画像記録フィルムです。繰り返しの使用が可能です。

イレーサー  
イレーサー

読込みの終了したイメージングプレートの画像を消去します。

  ソフトウェア  
ソフトウェア

プレートリーダのコントロール及び画像処理、解析が可能です。 

TECH SPEC

プレート
リーダー
資料サイズ 最大14×17インチ
読み取り速度 50秒/枚(14×17インチ:読み取りの設定による)
読み取りピッチ 50μm~500μm
A/Dコンバータ 12bit
出力ビット 16bits
画像解析
ソフトウェア
画像処理 画像の反転・回転、白黒反転、表示階調の選択、各種フィルタ処理、擬似カラー表示、拡大/縮小、テキスト・図形の描画
画像解析 距離、角度、濃度分布
ファイル 保存:TFF 4,8,16ビット、BMP24ビット、JPEG24ビット、PSD24ビット

関連商品

フラッシュX線装置 Pulserad                
フラッシュX線装置 Pulserad
 
 
 
 
 
 
 
 

可視光カメラではとらえられない高速現象を静止画として得ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
ハイスピードカメラ・画像計測機器 お問い合わせフォーム