Thermeraについて

  Thermera-HSThermera-seenU Thermera-NIR2 Thermera-InGas 
特徴 高速度撮影対応

廉価

シンプル構成

高解像度

波長域選択可

低温計測

波長域選択可

カメラヘッド

ハイスピードカメラ

計測用カメラ

DensitoCam U174

(カラーカメラ)

DensitoCam Duo2

(Si 2センサーカメラ)

DensitoCam InGas

(InGaAs 2センサーカメラ)

検出波長 カラーのRおよびG 400-1000nmのうちの2波長 900-1600nmのうちの2波長
リアルタイム計測 ×
測定温度範囲 900-1800℃または1300℃-2500℃ ※1 500-1200℃ ※1 300-1000℃ ※1
最高フレームレート カメラ仕様に依存

10フレーム/秒(1,920×1,200)

100フレーム/秒(640x480)

30フレーム/秒(960×600)

50フレーム/秒(640x400)

100フレーム/秒
画素数 カメラ仕様に依存 1,920×1,200ピクセル 960×600ピクセル 128×128ピクセル
ガラス越し計測 ○ ※2
アプリケーション 燃焼、溶接、加熱紛体

炉内温度監視、金属、半導体、

ガラス、セラミック、バーナー火炎

金属、半導体、ガラス、セラミック、ヒーター 金属、半導体、ガラス、セラミック

※1:さらに高い温度の計測も可能だが、精度保障対象外
※2:ガラスの種類による

Thermera-HS【高速度撮影システム】

計測用カラーカメラ、またはカラーハイスピードカメラで撮影した画像から、温度計測が可能です。 ハイスピードカメラの使用により、燃焼や爆発のような高速現象を可視化することができ、 1つのデータから 高速現象解析と熱画像解析の両方が可能です。

Thermera-HS【高速度撮影システム】   ハイスピードカメラ Phantom

Thermera-seen 【リアルタイム解析システム】

計測用カメラDensitoCam(カラータイプ)を使用、リアルタイムに解析用PCへ画像を転送、 温度分布・指定点/範囲の温度履歴のグラフを表示・CSV出力が可能です。 シリーズの中では最もシンプルな構成の廉価システムです。

Thermera-seen 【リアルタイム解析システム】   DensitoCam

Thermera-NIR【波長選択システム】

2センサーカメラDensitoCam Duoに任意の波長、半値幅のバンドパスフィルターを2枚取り付け、温度計測を行います。カラータイプと比較すると、より長波長の画像を取得できるため、500℃からの温度計測が可能です。

Thermera-NIR【波長選択システム】   DensitoCam

Thermera-InGas【近赤外・低温(300℃~)計測システム】

2センサーカメラ DensitoCam InGasを使用、従来のシリコンCCDに代え、InGaAs_CCDセンサーを採用することにより、Thermeraシリーズの中で最も低温の300℃からの計測が可能なシステムです。

Thermera-InGas【近赤外・低温(300℃~)計測システム】   DensitoCam InGas

ソフトウエアの機能
カメラ制御
(Thermera-HSを除く)
・撮影速度の設定
・露光時間の調整、自動露光設定
・画像記録設定
リアルタイム解析
(Thermera-HSを除く)
・同時に12点の指定点・範囲の温度表示
・指定点・範囲の温度のグラフ表示
・指定点・範囲の温度履歴出力
オフライン解析 ・記録画像・温度分布画像の表示・再生
・同時に18点の指定点・範囲の温度表示
・指定点・範囲の温度履歴出力
・元画像および温度分布画像の静止画・動画出力
・等温線表示

よくある質問

1. どのようなものの計測に使用できますか?

金属・半導体・セラミック・ガラス・火炎などです。用途としては、高温加熱されたの材料の温度分布、溶接の溶融池・溶接棒の温度分布、燃焼火炎の温度分布、溶融・精製状態の半導体の温度分布等になります。

2. どのようなものの計測には使用できませんか?

・温度が300℃以下の被検体
・被検体が熱放射以外の強い放射の影響を受けている場合(アークの発光時、近くにヒーターやバーナー等の熱源がある場合、火炎の向こう側の被検体など)
・熱放射以外の化学発光等がある場合(金属固有の炎色反応や蛍光剤の発光など)
・熱放射が計測波長域で感知できないもの(気体、ガソリン・都市ガスの燃焼などのブルーフレーム、水素燃焼など)
・お客様が所有の入出力特性、S/N、ガンマ補正、画像処理補正などが計測に適さないカメラで撮影した場合

3. 計測できる温度範囲はどのくらいですか?

被検体にもよりますが、最低は300℃以上、最高は5000℃までです。ただし、温度較正用原器の較正範囲が最高2500℃までとなり、それ以上は外挿による推測値となります。最低温度は温度計測に使用している波長域が、可視から近赤外域までであるため比較的高温になります。

4. なぜ放射率の補正が基本的に不要なのですか?

2色法では、計測に使用する2波長における放射率がほぼ等しいという前提で放射率補正をキャンセルしています。逆に言えば、そのような2波長を選択することで、放射率を考慮せずに非接触放射温度計、赤外線サーモグラフィなどに比べ正確な温度計測が可能となります。詳細に関しては、「2色法概説書(PDF)」をご覧ください。

5. 環境温度は何℃まで使用可能ですか?

カメラの使用環境温度は0℃から40℃までです。高温環境下で使用の場合は、カメラを空冷もしくは水冷ジャケットに入れて、冷却する必要があります。

6. どのくらいの大きさのものの計測ができますか?

Thermeraで使用する波長域は可視から近赤外域になります。この波長域では通常の光学系が使用できますので、拡大光学系から望遠、広角まで多くの一般的なレンズから選択できます。ただし、カメラによってはレンズマウントに制限などがありますので、詳細はお問い合わせください。

7. 所有しているカメラの画像から温度計測ができますか?

お持ちのカメラによりますが、基本的に民生用のカメラ(デジタルカメラ、デジタルビデオカメラなど)は画像処理等を行ってしまっているため使用できません。また、温度計測精度はカメラの濃度出力精度に依存しますので、精度の保証は致しかねます。弊社では市販品のカメラでは満足できる精度が得られないため、濃度計測用のカメラとして開発されたDensitoCamシリーズおよび濃度出力特性に優れた高速度カメラPhantomシリーズを使用しております。

関連製品

ハンディハイスピードカメラMiro

ハンディハイスピードカメラPhantom Miro M/LC

バッテリ搭載のコンパクトなボディで高速撮影が簡単に行えます。狭い現場にも気軽に持ち込め、場所を取らず設置できます。
 
可視化用レーザー照明 CAVILUX

ハイスピードカメラPhantom V

高解像度での高速撮影が行えます。高速で変化する温度の経時変化を詳細に計測できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
お問い合わせフォーム