HOME > スポーツ・エンターテイメントはこちら > スイング解析システム「GEARS」

スイング解析システム「GEARS」

GEARS

「GEARS」(ギアーズ)は、スイング時(アドレスからフォロースルーまで)のクラブの動きとフォームを3次元で計測、解析するシステムです。バイオメカニクス研究者や映像制作者によく使われる技術を用い、スイング解析専用に開発され、PGA(米国男子プロゴルフ協会)やクラブフィッティング、クラブ製造メーカー等にて使われています。

製品カタログ   製造元リンク
 

GEARSの特徴

クラブの3次元解析  

 

GEARSは、高い精度と豊富な解析項目で、あなたのスイングを分析します。

 

●フルスイング軌跡

●インパクト位置

●ヘッドスピード

●方向角 

●シャフトしなり

●フェイス方向

●フック・スライス軌道

●ロフト角

●ライ角

●インパクト時ヘッド角度

  クラブの3次元解析
スイングフォームの分析 

 

世界中で多く使用されているモーションキャプチャ技術で、あなたのフォームを分析

します。

 

●肩の角度

●腰の角度

●膝の角度

●つま先の角度

●背骨の角度

●腰の角度

●膝の角度

  スイングフォームの分析
スイングの比較 

 

3次元化されたプレーヤーのスイングデータを横に並べ、比較します。計測したデータを再生

する際、過去のデータと同期し、時系列での改善過程やスイング方法の違いをひとフレーム

ずつ比べる事ができます。

 

  スイングの比較

GEARSに使われている技術

なぜGEARSは精度が高いのか?

 

推定値ではなく、計測値だからです。

低解像度、低速度で取得したスイングデータのギャップをアルゴリズムで補間する一般的な手法を使用していません。GEARSは、実際に取得したスイングの過程を高解像度、高速度で取得し、そのデータを解析します。

 

たくさんのデータを使っているからです。

GEARSは、1回のスイングに対し、1秒もしない間に600枚以上のデータを解析します。また、グリップとヘッドが計測されているので、シャフトのしなりも含め、スイングにおける重要な動きを解析できます。

 

  スクリーンショット
GEARSの計測技術のメリット 

 

GEARSは、170万画素、360Hzのカメラを使用した光学式の計測システムです。

その他、次のような特長があります。

 

●スナップ式のマウントで、どんなクラブでも計測

●計測誤差は0.2mm

●ワイヤレスでゴルファーのスイングを計測

●ゴルフボールのインパクトの位置をピンポイントに計測

●簡単な設置

●慣性システムとは異なり、ゼロ校正不要の絶対位置算出

 

  マーカー

GEARSのシステム構成

システム設置例
GEARS設置例
ソフトウェア

ソフトウェア

 
 
カメラ

カメラ

サンプリングレート:360Hz

解像度:170万画素

 
イーサネットケーブル

イーサネットケーブル・ハブ

 
 
PC

PC・モニター

 
スーツ・マーカー

モーションキャプチャスーツ・
マーカー・クラブ用マウント

 
 
キャリブレーション用治具

キャリブレーション用治具

 
 
固定用ポール・マウント

カメラ固定用ポール・マウント

 
Prime13用キャリングケース

Prime13用キャリングケース

 

GEARSユーザーの声

「GEARSは、ゴルフスイングのMRIだ。」

 

なぜスライスするのか知りたいって?このシステムは自分の何が問題なのか教えてくれる。GEARSは、モーションキャプチャースーツを着て、体の主要な26か所、クラブの6か所に反射マーカーを付けるとあらゆるデータを記録してくれる。8台のカメラと専用のソフトウェアを使い、GEARSで興味深く、有力な事実を見つけ出す事ができる。

GEARSは、製品テストでもスイング指導でも使えるため、コブラプーマ、ナイキゴルフ、

シーアイランドパフォーマンスセンターでも導入されている。

 

— Luke Kerr-Dineen, Golf Digestより

 

 
  Golf Digest

関連ページ

お問い合わせフォーム