1. HOME
  2. メディア
  3. 映像制作機器 MIOPS製品詳細 映像制作機器-活用事例
  4. MIOPS SMARTサウンドモードによる撮影

メディア

MIOPS SMARTサウンドモードによる撮影

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MIOPS SMARTサウンドモードによる撮影

MIOPS SMART SoundModeによる撮影

MIOPS SMARTのサウンドモードを使用して、水風船が割れた瞬間の撮影をします。

マイオプススマート

SoundModeについて

MIOPS Smartは、ミラーレスカメラや一眼レフカメラとの組み合わせで、ある条件化でシャッターを切るために使用するデバイスです。シャッターをきるための条件として、SiundMode(サウンドモード)という機能があります。これは、MIOPS Smartに内蔵されたセンサーが一定の音量を検知して、カメラ側にシャッター信号を送るという仕組みになっています。

今回は、このサウンドモードを利用して、水風船が割れる瞬間の撮影に挑戦してみました。

撮影機材

カメラのセッティング

準備

  • カメラを三脚に固定し、カメラケーブルとMIOPS SMARTを接続する
  • MIOPSを起動して、SoundModeを選択する。どの程度の音量でシャッターが切れるか、感度(sensitivity)を設定する。(1~100の間)
  • カメラのシャッターはBulbに設定しておき、ピントはMFで合わせておく
  • 外部フラッシュはマニュアル発光にしておく(作例は1/32)
撮影の準備はこれで完了です。いよいよ撮影に参りましょう!

撮影手順

  • 音を鳴らすことで、MIOPSのサウンドモードによってバルブ撮影を開始する
  • 風船を割り、風船の割れる音が鳴ったタイミングでサウンドモードが再度作動、バルブ撮影が終了する。


割れる前の風船


風船が割れた瞬間

今回は、風船が割れた瞬間の撮影を行いました。音量の調整やカメラによって生じるタイムラグがあるので、何度か撮影してみると良いでしょう。

一定の音量を検知してシャッターが切れるので、ガラスを割る瞬間など、他にも様々な撮影が可能です。

いろいろな使いみちがありますので、こんな使い方はできないのかな?という疑問があれば、こちらからお気軽にご相談下さい。


MIOPS製品は各ショップからもお買い上げいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加