1. HOME
  2. メディア
  3. 映像制作機器 映像制作機器-活用事例
  4. Smart+を使用したミルクスプラッシュの撮影

Smart+を使用したミルクスプラッシュの撮影-株式会社ノビテック

Smart+を使用したミルクスプラッシュの撮影

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Smart+を使用したミルクスプラッシュの撮影

Smart+を使用した完璧なミルクスプラッシュの撮影方法

スプラッシュ撮影の中で重要になるのは、完璧なタイミングと少しの幸運を持ち合わせていることです。撮影技術の向上だけではなく、撮影のプロセスを楽しむこともできます。 ミルクスプラッシュの撮影や完璧なミルクスプラッシュを精製するのは想像よりは難しくありません。ある提訴の練習と正しい機材を持ち合わせていれば、とてもきれいなミルクスプラッシュを撮影することができます。

ミルクスプラッシュの撮影に必要なギア

  • 高画質デジタルカメラ
  • マクロレンズ
  • フラッシュライト
  • リモートシャッタ―もしくはカメラトリガー(MIOPS Smart+)
  • 光源
  • 平らな表面/背面
  • カメラ用三脚
  • レーザー
  • ミルク、コンテナー、その他の被写体(スプーン、イチゴを使用しました)
  • ホルダー
  • スプラッシュ清掃用のペーパータオル カメラの設定

カメラの設定

  • カメラ: Canon EOS 6D
  • フラッシュ: Canon Speedlite 600EX II-RT
  • レンズ: Canon FD 100mm マクロレンズ
  • 絞り: f/4
  • ISO: 800
  • シャッタースピード: 2.0秒
  • 三脚: Manfrotto MK190XPRO3-3W


MIOPS Smart+の設定

  • Mode: レーザー
  • ディレイ: 170ms
  • ノズルから見る杭の表面までの距離: 15-20mm

クリエイティブなミルクスプラッシュの撮影のために

  • 先に背景を決める
  • 設定を決める
  • 構成を考える
  • ギアの設定を最も標準のものに
  • カメラのハイスピードフラッシュを同期して使用する
  • オートフォーカスを使用する
  • 動かず数枚の写真を一回で撮影する

ミルクスプラッシュの撮影はミリ秒単位での設定にする必要があります。少し低品質のデジタルカメラやスマートフォンを使用して撮影することもできますが、ブレが生じる可能性が高くなります。そのため、スプラッシュの撮影ではCanonEOS6Dのような高品質なカメラを使用することをお勧めします。
満足のいく撮影をするためには、マクロレンズを使用することが必要です。どのようなレンズでもミルクスプラッシュの撮影をすることは可能ですが、撮影を成功させるためにはマクロレンズを使用してください。マクロレンズを使用することで、短距離かつズームした状態ではっきりとした画を撮影でき、これによって、完璧なミルクスプラッシュを撮影することができます。

その他撮影の際にとても重要になるのは、リモートシャッタ―もしくはカメラトリガーを使用することです。さらには、さらに早いシャッタースピードで、MIOPS Smart+などのリモートトリガー装置を使用して数秒後に自動的にシャッターを遅らせることで振動による画像のブレを最小限に抑えることができ、さらにシャープな画像を撮影することができます。
外部からの照明、自然光、フラッシュライトを使用することでさらに立体感のある撮影が可能になります。
さらに、単色な背景を使用することで、ミルクに簡単にフォーカスを合わせることができます。シャッター優先モードを選択することで、完全にマニュアルで設定する必要がなくなります。この設定によって、撮影条件に合わせて自動的に絞りを調節してくれます。



1/1000fps以上での撮影をすることにより、ミルクが空中で止まっているかのような静止画を撮影することができますが、少し遅めの1/250での撮影では大きなミルクスプラッシュの撮影をすることができます。
撮影に操作が可能な光源を使用する場合、マニュアルモードでの撮影をすると思います。この場合は、シャッタースピードを速くし、絞りをf/4もしくはf/8に設定します。この設定を使用することで、小さな液滴の表面を滑らかにシャープに撮影することができます。

f/14などの、大きなしぼり値に設定して撮影をすることで、広い範囲にフォーカスを合わせて撮影することができます。ISO感度の設定を変えながら絞りとシャッタースピードを変更します。
カメラをMIOPSSmart+などのリモートシャッタ隣で固定するためには、三脚が必要になります。リモートトリガーの操作、ミルクやほかの液体を落としてスプラッシュや水滴の精製を同時にする必要があるので、同時に両手を使用します。
撮影には、Manfrottoの三脚がおすすめです。安定して固定できる三脚を選びましょう。



おいしそうなイチゴとミルクのコンビネーション

全てのセットアップが完了したら、ミルクでいっぱいにしたスプーンにイチゴを一つ落としてみてください。イチゴの水平方向の動きをSmart+が感知することで、トリガー信号が送られます。そのトリガーでMIOPS Smart+によってフラッシュライトが作動し、完璧なミルクスプラッシュの瞬間を撮影できます!

MIOPSはいろいろな使いみちがありますので、こんな使い方はできないのかな?という疑問があれば、こちらからお気軽にご相談下さい。


MIOPS製品は各ショップからもお買い上げいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加