1. HOME
  2. メディア
  3. 映像制作機器 MIOPS製品詳細 映像制作機器-活用事例
  4. MIOPS SMARTレーザーモードによる撮影

メディア

MIOPS SMARTレーザーモードによる撮影

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MIOPS SMARTレーザーモードによる撮影

MIOPS SMART LaserModeによる撮影

MIOPS SMARTのレーザーモードを使用して、ウオータークラウンの撮影をします。

マイオプススマート

LaserModeについて

MIOPS Smartは、ミラーレスカメラや一眼レフカメラとの組み合わせで、ある条件化でシャッターを切るために使用するデバイスです。シャッターをきるための条件、レリーズ信号を送るトリガーとして、LaserMode(レーザーモード)という機能を紹介します。MIOPS Smartに内蔵されたセンサーの受光部に向けて、事前にレーザーを当てておき、レーザーの光を物が横切るなどして、レーザーが遮断されることで、カメラ側にシャッター信号を送るという仕組みになっています。

今回は、このレーザーモードを利用して、ウオータークラウンの撮影に挑戦してみました。

撮影機材

レーザーモードのカメラのセッティング

準備

  • 透明な容器に水を入れ、照明を当てる
  • MIOPSを起動して、LaserModeを選択する。どの程度の感度があればレーザー遮断のタイミングでシャッターが切れるか、しきい値(threshold)を設定する。(1~100の間)
  • レーザーをセッティング。水を入れた容器の上を通し、水滴の通り道を想定し、MIOPS Smartの受光部にうまくレーザーが当たるように設置する。
  • ウオータークラウンは一瞬の姿になるためシャッター速は1/2000以上がおすすめ。シャッター速度を稼ぐため感度は高めにセッティング。
撮影の準備はこれで完了です。いよいよ撮影に参りましょう!

撮影手順

  • レーザーが遮断される場所の見当をつけ、水滴を垂らす。
  • レーザーの光路が、水滴で遮断されることでシャッターが切れる。

ウオータークラウン

今回は、水滴が落ちる瞬間の撮影(ウオータークラウン)を行いました。カメラによって生じるタイムラグがあるので、何度か撮影してみると良いでしょう。

レーザーの遮断を検知してシャッターが切れるので、動物の通過や弾丸の撮影など、動きを検知して自動でシャッターを切りたいという要望にお答えできます。

いろいろな使いみちがありますので、こんな使い方はできないのかな?という疑問があれば、こちらからお気軽にご相談下さい。


MIOPS製品は各ショップからもお買い上げいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加