HOME > ハイスピードカメラはこちら > ハイスピードカメラの紹介 > 高性能・高感度ハイスピードカメラ Phantom Vシリーズ

高性能・高感度ハイスピードカメラ Phantom Vシリーズ

ハイスピードカメラ Phantom V シリーズ

ハイスピードカメラ Phantom V シリーズ

100万画素時に、世界最高速25,600コマ/秒の撮影が可能な超高速度モデルv2512をはじめ、4M超高画質モデルv2640等ご用途に応じて選定いただける多彩なラインナップをご用意しております。撮影速度のみならず、感度、画質の向上も追及した、ハイエンドハイスピードカメラです。

Vision Research Inc. (米国)
超高速度モデル v2512、v2012、v1612、v1212
4M超高画質モデル v2640・v1840
製品カタログ
v2512、v2012、v1612、v1212
 
製品カタログ
v2640/v1840
製造元リンク

高速データ転送 10Gbイーサネット

10Gbイーサネット高速インターフェースが標準搭載されており、ハイスピード撮影で問題になる、画像の転送時間を大幅に削減することができます。従来の1Gbイーサネット経由での転送に比べ、 約10倍の速さでデータ転送が可能です。 2GBの画像データを約6秒でPCに保存可能です。   高速データ転送 10Gbイーサネット

超高感度 少ない照明で撮影可能

高感度センサー搭載のPhantomなら、今まで難しかった低照度環境下での高速撮影が行えます。v2512、v2012、v1612、v1212は、シリーズ最高のISO100,000(モノクロモデル)の感度を有します。また、コントロールソフトウェアの感度アップ機能を利用して、画像をさらに明るくして保存することも可能です。

 

ディーゼルエンジンの燃焼

標準
標準
 
感度アップ4倍
感度アップ4倍
 
感度アップ16倍
感度アップ16倍

感度アップしても低ノイズ

感度アップ時のランダムノイズの少なさは、Phantomの大きな特徴の一つです。イメージセンサー温度を一定に保つことで、ブラックレベルのドリフトやランダムノイズを極限まで抑え、S/N比を飛躍的に向上させました。センサーの空冷にはペルチェ素子による冷却と強制空冷を併用しています。コントロールソフトウェア上に、カメラ温度、センサー温度が、リアルタイムで表示されます。
特にv2640は、非常にノイズが少なく、ダイナミックレンジも広いので、感度アップ機能を使った時もほとんどノイズが発生しません。
 
ノイズレベルとセンサー温度   機体の温度 カメラ:53℃ センサ:30℃

自動トラッキング機能付き! 使いやすい専用ソフトウェア「PCC」

Phantomコントロールソフトウエア「PCC」は、カメラ制御はもちろん、各種画像処理、ファイル変換まで簡単に行うことが出来ます。特徴点の自動追尾機能も標準で付属しており(Ver2.3以降)、座標・速度・加速度の算出、グラフ表示が可能です。また、算出データはCSV等のデータファイルとして、出力できます。   使いやすいソフトウエア

仕様

  超高速度モデル 4M超高画質モデル

v2512

v2012

v1612

v1212

v2640 v1840

超高速度モデル

超高速度モデル

画素数(ピクセル) 1,280×800 2,048×1,952
撮影速度
(コマ/秒)
フルフレーム 25,600 22,600 16,600 12,600 6,600(HSモード) 4,510(HSモード)

100万画素時
(1,280×800 or
1,024×976)

 25,600  22,600  16,600 12,600  25,030 (HSビニング) 17,240(HSビニング)

640×480

ピクセル

69,800 62,400 45,500 34,700 53,290(HSビニング) 37,100(HSビニング)
最高 1,000,000 820,000 303,460(HSビニング) 233,380(HSビニング)
感度
(ISO/ASA)
モノクロ 100,000 64,000(HSビニング) 
カラー 10,000 5,000(スタンダードモード) 

最短露光時間

265n秒 290n秒 500n秒 500n秒 142n秒(HSビニング) 142n秒(HSビニング)

ハイスピードカメラ一覧に戻る                                

  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
お問い合わせフォーム