HOME > ハイスピードカメラはこちら > 事例紹介 > 溶接の可視化映像比較

溶接の可視化映像比較

ファイバーレーザーによる溶接

  サンプル動画のダウンロード  
レーザー溶接をCAVILUXで可視化しました。溶融池内のスラグ流動や溶融部・凝固部の境界が、鮮明に観察できます。
左:通常の撮影
照射箇所の発光強度が非常に強く、溶融池や材料はほとんど見えない。
 
中央:バンドパスフィルタ810nmを使用
一般的な溶接の撮影。溶融池や材料の凝固状態が何とか見えるものの、 レーザーの照射による発光及びヒュームの輝度が高く可視化を邪魔している。
 

右:CAVILUX、バンドパスフィルタ810nmを使用
レーザー光及びヒュームの発光を抑えて溶融池がはっきりと観察でき、 液体と固体の界面の様子及び溶融池の酸化被膜の動きも観察できる。

 

撮影協力: 広島大学 山本先生

  ファイバーレーザーによる溶接

使用機材

ハンディハイスピードカメラ

Phantom Miro M310

   

可視化用レーザー照明

CAVILUX Smart

 
welding_img02.jpg
  • 撮影条件
  •  
  • 撮影速度:5,900コマ/秒
  • 画素数: 640×800ピクセル
  • 露光時間:1μ秒
  welding_img03.jpg

撮影条件

  •  
  • 出力:500W
  • 波長:810nm
  • 画素数: 640×800ピクセル
  • 露光時間:1μ秒
  事例一覧へ  
お問い合わせフォーム