HOME > ハイスピードカメラはこちら > 事例紹介 > 車両の走行・衝突試験

車両の走行・衝突試験

  サンプル動画のダウンロード  
       

説明
車両走行撮影を、4KハイスピードカメラPhantomVEO4Kを用いて行いました。
従来の衝突試験、走行試験等では、車体の様々な部分を詳細に確認するために、複数台のハイスピードカメラを用いて様々な部位を同時撮影していました。その理由としては、1台のカメラで車両全体を撮影し、後で詳細部位へズームすると、解像度が足りずに細かい破片や変形が確認できないからです。
従来のハイスピードカメラでは、1,024×1,024ピクセルで1,000コマ/秒で撮影するのが一般的でした。4KハイスピードカメラPhantomVEO4Kでは、4,096×2,160ピクセルで1,000コマ/秒のハイスピード撮影が可能ですので、従来機の8倍以上の高解像度で撮影することが可能です。つまり、全体の挙動確認も、ズームしての詳細確認も1台のカメラで行うことができます。今回の撮影では、全体の挙動確認をしながらも、ズームした時に解像度不足なく鮮明な撮影ができることを、従来機と比較して撮影しました。

使用機材:
ハイスピードカメラ:PhantomVEO4K 990
照明:HIVE WASP1000

撮影条件:
画素数:4,096×2,160ピクセル
撮影速度:1,000コマ/秒

 


 

  事例一覧へ  

使用機材

お問い合わせフォーム