HOME > ハイスピードカメラはこちら > 事例紹介 > 可視化エンジン内の噴霧現象

可視化エンジン内の噴霧現象

  サンプル動画のダウンロード  

エンジン内でのディーゼル噴霧の様子を可視化しています。噴霧の周りに衝撃波が発生する様子を確認できます。

高速度カメラの撮影速度は25万コマ/秒で、拡大光学系QUESTARレンズを用い、視野は約1mm×2mmです。

設置写真では、カメラとレーザー照明を同軸の位置関係に設置していますが、エンジン内のミラーで各々90°屈折させ、バックライトの位置関係で照射しています。

25万コマ/秒での撮影ですが、レーザーの光量が十分すぎるため、減光フィルタを使用しています。

 

 

 ご提供

 

     

東京工業大学大学院理工学研究科
機械宇宙システム専攻
小酒先生、佐藤先生

       

 

spray_gasoline.jpg

使用機材

 

ハイスピードカメラ

Phantom V2511

   

可視化用レーザー照明

CAVILUX HF

 
ハイスピードカメラ Phantom V
  • 撮影条件
  •  
  • 撮影速度:250,000コマ/秒
    画素数:128×256ピクセル
    露光時間:1μ秒

  cavilux_img05.jpg
  • 撮影条件
  •  
  • 照明:Cavilux HF
    出力:500W
    波長:810nm
    パルス幅:50n秒

  事例一覧へ  
お問い合わせフォーム