1. HOME
  2. よくある質問
  3. ハイスピードカメラに関するよくある質問一覧

ハイスピードカメラ- よくある質問一覧

はじめての方

Q

ハイスピードカメラの設定などは難しいのでしょうか。

Q

本体以外に必要なものはありますか。

Q

デモ撮影をしていただくことは可能でしょうか。

Q

レンタルや機材の貸出などは可能でしょうか。

価格

Q

どれくらいの価格帯から購入できますか。

撮影仕様(一般)

Q

空気中を伝播する衝撃波現象を観察したく、高速度カメラの購入を検討しています。どのような仕様のカメラが適しているか、どのような機材が必要か教えて下さい。

Q

昆虫の行動、例えば羽を広げ飛行する瞬間の映像を撮影したいのですがどのくらいのカメラを用いればよいですか?

Q

1~2万回転ほどの速度で高速回転している物体と、その物体から液滴として飛散する溶解した金属の様子を可視化したい。稼働中の生産製造設備にて起こる現象なので、窓越しの撮影となります。また、窓から機械までは数メートル離れています。このような状態で撮影は可能か、またどのようなカメラが適しているか教えてほしい。

Q

生産ラインの状況の分析を行いたいのですが、撮影速度はどの程度必要か知りたいです。また細かい部品の製造ラインに用いたいので、ファイバースコープのような狭い場所で使用することは可能でしょうか。

Q

ハンマーによる衝撃試験(シャルピー衝撃試験)を行った際の、試験片の破断状況の撮影を行いたいと考えています。衝撃試験を行う際に必要なコマ数(フレームレート)はどの程度でしょうか。また、この用途で適したカメラはありますか?

Q

ポンプ内のバルブ用部品の動作を撮影したいと考えています。ボディ内部で毎分200ストローク程度で稼働する部品なのですが、どのようなカメラが適しているか教えて下さい。

Q

粒子の可視化について。粒径0.1μm~100μmの粒子が舞い上がって、その後粒子同士が凝集する様子を高速度カメラで可視化したいと考えています。どのようなカメラが適しているでしょうか。

Q

液中のレーザーアブレーション時に発生する気泡の観察を行いたいと考えています。最適なカメラ及び機材はどのようなものがあるか教えて下さい。

Q

ネブライザーの霧化の状態観察を行いたいと考えています。薬液が霧状になる瞬間の状態観察を行いたいのですが、観察可能でしょうか。観察対象のサイズは2~5μm程度の薬液が霧化する際の速度や大きさなどを定量化したいと考えています。

Q

ハイスピードカメラを用いて、火炎や燃焼場の実験観察を行いたいと考えています。火炎の燃焼や蒸気の発生について、シュリーレンやシャドウグラフ撮影を行ったり、金属粉末(マグネシウム、アルミニウム、チタン)などの閃光を伴う観察などを行っています。カメラ以外に必要な光源などを教えて下さい。

Q

高速水中突入現象に関する研究を行っています。水槽内に物体が突入した際の水上と水中の現象を撮影したいのですが、一台のカメラで行うことは可能でしょうか。物体の移動距離や速度、現象発生の高さや深さなどを画像を基に計測を行いたいのですが可能でしょうか。

Q

配管内を高速で流れる二相流動の観察を行いたいと考えています。流動様式は層状流~環状噴霧流を想定、流速が10~100m/secとなっているのですが、適したカメラはございますでしょうか。

撮影仕様(流体・PIV)

Q

屋内の空気の流れや、くしゃみをした際の飛沫の可視化・計測を行いたいと考えています。どのようなカメラや照明、その他の機材が必要でしょうか。

撮撮影仕様(歪み・変位・DIC)

Q

CFRPなどの材料試験を行っています。材料の破断、破壊の瞬間や、加圧/引張試験などの試験中の歪みや変位の測定を行いたいのですが、可能でしょうか。

Q

材料の特性試験を行っています。各種金属を面で加熱してゆく際、加熱とは反対の面の歪み分布と温度分布の両方を調べたいと考えています。このような計測は可能か、可能な場合、温度レンジなどを教えて下さい。

Q

建築物に付随する配管などの構造物の変位差を計測したいと考えています。変形前と変形後の変位差をカメラを用いた画像計測によって求められればよいのですが、このようなことは可能でしょうか。また、その場合、どのような機材が必要でしょうか。

技術仕様

Q

ハイスピードカメラPhantomについて、可視光以外の領域の光源で使用したいのですが、紫外もしくは赤外のセンサー感度に対する情報があれば教えて下さい。例えば266nmのレーザーなどを光源として用いることは可能でしょうか。

Q

ファントムの画像について、取得した画像(動画)の書き出し形式を教えて下さい。AVI2.0には対応しているでしょうか。

計測全般

Q

高速で動く物体の撮影を行い、位置の測定を行いたいと考えています。撮影は屋外なのですが、太陽光下で良い画像は取得できますか。また、時刻情報についてGPS時刻情報を使用したいのですが可能ですか?またその際の画像の時刻との誤差はどの程度になりますか? トリガーを外部から掛けた場合のタイムラグはどの程度でしょうか?

Q

現在、インパクト加振による周波数応答計測を行うことで、構造物の振動計測を行っております。この試験を画像計測(映像計測)に置き換えることで準備の手間が減れば良いと考えています。計測対象にマーカーの取り付けや、塗装、シール貼りを行うことは可能なのですが、どのようなシステムがありますか。

Q

移動する高温の鋼材について、ハイスピードカメラで撮影した画像を元に温度計測を行いたいと考えていますが可能でしょうか。

計測(流体・PIV)

Q

気流の可視化及びPIV計測を行いたいと考えています。計測対象は3m×1.5m程度、5,000fps程度の撮影ができれば良いと考えておりますが、適した照明はどのようなものがありますか。また撮影機材やPIV解析機器のレンタルは行っていますか。

計測(歪み・変位・DIC)

Q

数100ミクロン~数センチ位の微小物体や、数十センチから1メートル程度の高速に変形する物体に対してひずみ計測を行いたいと思っております。現在大きなものには歪ゲージを用いて計測を行っていますが、点計測しかできないので、全体の面計測が出来ればと思っております。微小物体に対しては現在計測ができておりません。CAEの結果との比較をしたいと考えております。

撮影機材

Q

ハイスピードカメラ・Phantomの導入を考えています。本体の大きさは一般的なデジタルカメラやビデオカメラより大きく重いようですが、使用する三脚はどのようなものが良いでしょうか?

ハイスピードカメラに関するお問い合わせ

CONTACT

弊社取り扱いのハイスピードカメラ・可視化に関するこんなお悩みは有りませんか?

  • 高速現象を捉えて計測したい
  • ハイスピードカメラを導入したいが、使用経験がなく使いこなせるか不安
  • 高速に起こる流体やひずみ、変位の可視化、計測を行いたい

などなど、どんなささいな事でもご相談承りますので、まずはお気軽にご相談下さい。
製品のレンタル・撮影や計測請負の他、デモルームもご用意しておりますので、製品デモや見学も承ります。

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

CONTACT

WEBでのお問い合わせ・資料請求

WEBでのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3443-2633

FAXでのお問い合わせ

03-3443-2660

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)