HOME > デジタルサイネージはこちら > デジタルサイネージに関する最新記事 > デジタルサイネージのメリットとデメリット

デジタルサイネージのメリットとデメリット

 
デジタルサイネージ メリット デメリット 問題点

デジタルサイネージのメリットとデメリット

ここ数年で、様々な場所に普及しているデジタルサイネージですが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?デジタルサイネージを導入するメリット(強み)デメリット(欠点)の両方をまとめてみました。


メリット・強み

デメリット・欠点

・静止画だけでなく、動画や音を使用して多くの情報を届けることができる


・導入するのにコストがかかる



・タイムスケジュール管理することで、1台で様々なターゲットに
情報を表示可能


・費用対効果が分かりにくい
 
・遠隔操作することで、タイムリーに日本全国へ一斉表示することができる



・電気代などのランニングコストがかかる
 
・ポスターなどを印刷する料金と運送費用を削減可能


 
・操作が難しそう

・設置したその日から無人で情報提供や集客ができる



・コンテンツ制作が難しそう
・デジタルサイネージは導入したその日から映像と音を使って情報提供や集客ができるすばらしいツールであることは間違いありません。また、リアルタイムで配信することで、タイムラグがなく新鮮な情報を届けることが可能です。
・デジタルサイネージを導入するにはコストがかかりますが、その分、人を雇ったり印刷して配送をするコストが削減することも可能です。また、デジタルサイネージに投資をすることにより、集客に役立てることができるのが最大のメリットです!
・最近では操作が簡単なデジタルサイネージも登場していますし、コンテンツもパワーポイントなどを使って簡単に制作することもできるようになってきました。
 


デジタルサイネージ購入、又は、レンタルをご検討のお客様はノビテックへお問い合わせください。