HOME > デジタルサイネージはこちら

デジタルサイネージはこちら

 デジタルサイネージCRIUSキャンペーンバナー

デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージ”とは、日本語で”電子看板”とも呼ばれ、 液晶やLEDディスプレイ、プロジェクターなどのデジタル機器を意味する『Digital(デジタル)』と看板を意味する『Sign(サイン)』を使った造語です。

2008年頃から一般的に使われるようになった「デジタルサイネージ」という用語ですが、その歴史は古く、テレビ放送が始まった1950年代の”街頭テレビ”がデジタルサイネージのルーツと言われています。

その後、ビデオデッキなど映像を記録する機器が普及して、テレビで商品のCMなどの映像を表示するようになっていきました。 更に、大型ディスプレイやパソコン、そしてインターネットが普及しコストが下がったことにより、一気にデジタルサイネージの導入が広がっていったのです。

今では少し街を歩いただけでも多くのデジタルサイネージを見かけるようになりました。

取り扱いデジタルサイネージ商品一覧

デジタルサイネージを用いた展示会、イベント向けの購入、レンタルに対応します。
デジタルサイネージ購入と短期レンタルをご検討のお客様は是非弊社(ノビテック)へお問い合わせください。


弊社が取り扱っているデジタルサイネージはQSTECH社のCrius (クリウス)とLianTronics社 (リアントロニクス)の2種類があります。
この2種類のLEDディスプレイは液晶と異なり、非常に明るい大画面が特徴です。

 QSTECH CRIUS(クリウス)

LianTronics(リアントロニクス)

 デジタルサイネージ クリウス  

デジタルサイネージリアントロニクス
至近距離でその美しさに驚く
LEDピッチ1.9㎜~の高解像度LEDポスターディスプレイ
<販売開始>
見るものを魅了する迫力
500㎜×500㎜のパネル式LEDディスプレイ
<レンタル開始>


 

デジタルサイネージ販売・レンタル

ノビテックのデジタルサイネージ製品は、ショールーム、店舗、博物館、展示会用のイベントなど、様々な利用用途をご検討のお客様向けに、販売およびレンタルサービスをご提供しています。


デジタルサイネージ販売






製品の詳細はこちら >
   
   
デジタルサイネージレンタル








レンタルプランの詳細はこちら >




ニュース MORE

デジタルサイネージ最新事例や新着ニュースは、こちらでご紹介いたします。





最新デジタルサイネージに関する記事はこちらでご紹介いたします。


> 2018年10月20日 デジタルサイネージのメリット・デメリット




> 2018年10月21日 デジタルサイネージの導入がおすすめお客様







デジタルサイネージの購入、レンタルをご検討のお客様はノビテックへお問い合わせください。