実走評価計測

テスト走行する車両に、強力な吸盤式の雲台にてカメラを取り付け、サスペンションの実走評価計測をしています。車両のAC電源にて駆動できるため、外部バッテリー等が不要です。 VENUS3Dは、テスト走行のような計測対象が移動する場合でも、高精度に3次元計測を行う事ができます。そのため、R&D(研究開発)や製品評価に幅広く使用されています。

【解析項目】 2点距離
【計測空間】 H500×W500×D100 mm
【参考精度】 0.1mm
【システム構成】

VENUS3D-250N 3台システム

(69万画素250Hzカメラ)

※現在このカメラは販売を終了しております。

 後継機として、VENUS3D-1.3MPがございます。

 (GigEタイプ、130万画素240Hz)

 シーンカメラ

 吸盤式カメラマウント

VENUS3D-250N-3台システム構成

 

 

サンプル動画のダウンロード
  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
ハイスピードカメラ・画像計測機器 お問い合わせフォーム