HOME > ハイスピードカメラはこちら > レーザー加工・溶接関連 > 溶接場高速可視化システム

溶接場高速可視化システム

Cavilu_Miro_Mix

レーザー加工・溶接の不具合解明

高性能のハイスピードカメラおよび可視化用レーザー照明を使用し、溶接場を高速で観察するシステムです。あらゆる種類の溶接に使用でき、溶融池の溶融・流動状態、スパッタの発生状況等がスローモーションで観察できます。リアルタイムでの解析はできませんが、より高解像度かつ高速の可視化画像を取得でき、オフラインでの解析が行えます。
 
製品カタログ    

お試しキャンペーン実施中

  •   可視化撮影のお試しキャンペーンを2016年6月30日までの期間限定で実施中です。 

     当社通常価格40万円/1日のところ、特別価格の10万円/1日でご提供いたします。

     機材レンタル、撮影人員等すべてコミコミのお得なキャンペーンです。       

         Campaign
         詳細情報はこちら

溶接現象を解明する

通常、溶接を観察する場合は、バンドパスフィルターを用いてアーク光やヒュームの影響を抑えます。ですが、溶融池やその周辺、凝固過程、溶接割れなどは詳細に確認できません。可視化用レーザー光源CAVILUXはあらゆる溶接の観察に使用できます。CAVILUXは、アーク光やヒュームを打ち消し、溶融池やその周辺、凝固過程等を詳細に観察を行えます。撮影画像から様々な解析・計測が行え、溶接不具合の軽減につながります。

 

 可視化用レーザー照明設置例

 
溶接の可視性
ご提供:広島大学 山本先生
左:カメラのみで撮影したレーザー溶接
中央:810nmのバンドパスフィルタを装着し、撮影。アーク光やヒュームの影響を抑えきれず、溶融部の一部しか観察できない。
右:バンドパスフィルタ、CAVILUXを用いて撮影。アーク光・ヒュームを打ち消し、溶融池の内部までクリアに観察できる。

なぜアーク光やヒュームが消えるのか!?

 【バンドパスフィルタで撮影した場合】
バンドパスフィルタを用いて撮影した場合、アーク光を抑えることはできますが、その他の部分も暗くなってしまいます。

バンドパスフィルタで撮影

バンドパスフィルタで撮影

  波長グラフ  

【バンドパスフィルタとCAVILUXで撮影した場合】
バンドパスされた波長にCAVILUXでレーザー光を照射することで、溶融部を明るく、詳細に観察することができます。

バンドパスフィルタとCAVILUXで撮影

バンドパスフィルタとCAVILUXで撮影

アプリケーション

レーザー溶接

 

TIG溶接

 

アーク溶接

 

MAG溶接

 

 溶断

レーザー   TIG   アーク   MAG   溶断
溶融池の状態、スパッタの飛散、ブローホールの発生、高温割れの発生等、様々な不具合現象を詳細に可視化し、不具合原因解明に役立てます。

使用製品一覧

ハンディハイスピードカメラ Phantom Miro (ファントムミロ)

ハンディハイスピードカメラ Phantom Miro シリーズ

Phantom Miro LCシリーズは、タッチパネル式バリアングル液晶モニタおよびバッテリを搭載したPCレス・ケーブルレスでの撮影が可能なモデルです。日本語メニュー表示が可能な液晶モニタによって各種設定、ライブ画像の表示、撮影後すぐにスロー画像の確認が行え、撮影画像は不揮発性メモリ、シネフラッシュに高速データ転送ができます。可搬性および運用の手軽さが格段に向上し、セットアップ時間がを大幅に短縮することができるため手軽に高速度撮影を行えます。

Phantom Miro LABシリーズは液晶モニタ、バッテリを搭載していないスタンダードモデルです。シネフラッシュはオプションにて対応できます。研究開発、製品試験、顕微鏡撮影等、カメラを据え置いての撮影に適しています。

可視化用レーザー照明 CAVILUX Smart(キャビラックススマート)

可視化用レーザー照明
CAVILUX Smart(キャビラックススマート)

可視化用レーザー照明CAVILUX Smart(キャビラックス スマート)は、短パルス、高繰返し、高輝度、高出力の均一な照明用のダイオードレーザーです。単波長のレーザーにもかかわらず、干渉縞の出ない非コヒーレント設計で、高輝度で均一な光を照射出来ます。最短パルス幅は20nsで、高速現象をブレのない画像として捉えることができ、繰返し発光周波数は最高1MHzで、高速度カメラと同期しての使用が可能です。
可視化用レーザー照明 CAVILUX HF(キャビラックスHF)

可視化用レーザー照明
CAVILUX HF(キャビラックスHF)

可視化用レーザー照明CAVILUX HF(キャビラックス HF)は、短パルス、高繰返し、高輝度、高出力の均一な照明用のダイオードレーザーです。単波長のレーザーにもかかわらず、干渉縞の出ない非コヒーレント設計で、高輝度で均一な光を照射出来ます。Smartと比較してより高速な現象や、高出力が必要な現象に滴定します。最短パルス幅は50nsです。
 

関連商品

溶接場モニタリングシステム Weld-Eye   可視化用レーザー CAVILUX   ハンディハイスピードカメラ Phantom Miro M/LC   ハイスピードカメラ Phantom V   シュリーレン装置

溶接場モニタリングシステム Weld-Eye

 

可視化用レーザー照明 CAVILUX

 

ハンディハイスピードカメラ
Phantom Miro M/LC

 

ハイスピードカメラ
Phantom V

 

シュリーレン装置

リアルタイムで溶接場のプロセス中の画像を処理しながら各種解析項目を出力し、加工機へフィードバックします。   非コヒーレント、短パルス発光を特徴とします。種々のハイスピードカメラと同期してシャープで明るい画像を取得できます。   現場や実験室に持ち込めるコンパクトなデザインです。CAVILUXとともに、簡単に設置できます。   研究開発に適しています。CAVILUXとの同期撮影で、シャープで解析精度を向上できる画像をとらえます。   眼には見えない透明な気体、液体及び固体中の衝撃波や流れなどを可視化するためのシュリーレン装置です。光軸調整がシンプルになっているため、既存のシュリーレン装置より手軽に使用できます。
  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
お問い合わせフォーム