HOME > ハイスピードカメラはこちら > ハイスピードカメラの紹介 > 高性能ハンディハイスピードカメラ Phantom Miro

高性能ハンディハイスピードカメラ Phantom Miro

LCシリーズ
LCシリーズ

タッチパネル式バリアングル液晶モニタおよびバッテリを搭載したPCレス・ケーブル レスでの撮影が可能なモデルです。液晶モニタで各種設定、ライブ画像の表示、撮影 後すぐにスロー画像の確認が行えます。簡単に高速度撮影を行えます。

高速度モデル高解像度モデルがございます。

 
LABシリーズ
LCシリーズ

液晶モニタ、バッテリを搭載していないスタンダードモデルです。シネフラッシュはオプションにて対応できます。研究開発、製品試験、顕微鏡撮影等、カメラを据え置いての撮影に適しています。

高速度モデル高解像度モデルがございます。

Rシリーズ
Rシリーズ
基本性能はLCシリーズと同様ですが、液晶モニタを搭載しておらず、シンプルな構成です。カメラボディは金属製で、堅牢性に優れています。
高速度モデル高解像度モデルがございます。
Cシリーズ
Cシリーズ

Phantomシリーズ最小の約73㎜立方、540gの小型ボディーに、耐G仕様を備えたモデルです。 カメラ内部にはバッテリ、不揮発性メモリを内蔵し、大切な試験データを守ります。(C210/210J)衝突・落下・振動試験や狭小エリアの撮影に最適です。
C110は耐G性能、バッテリ、不揮発性メモリを省き、よりシンプルにお使いいただけます。

顕微鏡や狭小エリアへの設置、機械挙動の撮影等に適しています。

ホームビデオ感覚のハイスピードカメラ

MiroLCで手軽にハイスピード撮影

動画で確認! MiroLCで手軽にハイスピード撮影

今までの高速撮影は、たくさんの装置、照明、電源の確保が必要でした。Phantom MiroLCシリーズなら、カメラ単体で簡単に撮影出来ます。バッテリ駆動なので、電源の確保も不要です。狭い現場や、実験室でも省スペースで撮影可能です。

 

軽量・コンパクト・バッテリ搭載

 

カメラ本体サイズ19x9.8x10cmと非常にコンパクトで、重量1.4kgの軽量ボディーです。

(LCシリーズ) メモリ、バッテリ搭載 オールインワンモデル(LABシリーズ除く)

ですので、可搬性に優れ設置場所を選びません。標準バッテリBP-U30で

約45分の駆動が可能で、オプションのBP-U60を使用 すれば約90分間の駆動が可能です。

Cシ リーズは最小、最軽量モデルで、カメラ本体サイズ73×73×82.5㎜、重量0.54kgです。

(上記はMiro C210です。)                                LCシリーズ

                                      Cシリーズ

  

LCシリーズ

      LCシリーズ 

タッチパネル式液晶モニタ PCレス簡単操作!

LCシリーズはカメラ本体に液晶タッチパネルを搭載しています。

ライブ映像、スローモーション映像の確認はもちろん、タッチパネルで

撮影設定から保存まで誰でも簡単に操作できます。

ケーブルレス・PCレスでの高速撮影が可能です。

 
 
LCシリーズ
    LCシリーズ

高感度!室内光でも明るく撮影!

高感度センサーを採用し、少ない照明での撮影が可能です。カラーカメラで2,000コマ/秒の高速撮影も、室内光程度の明るさで撮影することができます。また、感度アップ機能により、さらに感度を向上させることも可能です。
 
 
室内での落下試験   室内光のみで2000コマ/秒の高速撮
室内での落下試験   室内光のみで2000コマ/秒の高速撮影

高速データ転送&連続撮影 シネフラッシュ (LC、Rシリーズ標準。LABシリーズオプション)

取り外し可能な専用フラッシュメモリです。4GBのデータもわずか1分で高速保存できます。通常のイーサネット経由での転送に比べ約4倍の高速データ転送で、画像の保存時間を大幅に縮小することができます。

また、カメラの内部メモリを分割することにより、撮影しながらシネフラッシュへ画像保存を行うことができます。データ保存のための待ち時間なく、連続的に撮影を続けることができます。シネフラッシュ内のデータは、簡単にPCとUSB3.0もしくはeSATA接続ができ、シームレスに撮影しながらデータ保存可能で、外付けハードディスクの様に、ファイルの受け渡しが可能です。

 

高速データ転送   シームレスに撮影しながら、画面保存可能
高速データ転送   

 シームレスに撮影しながら、 画面保存可能

 

 

自動トラッキング機能付き! 使いやすい専用ソフトウェア「PCC」

Phantomコントロールソフトウエア「PCC」は、カメラ制御はもちろん、各種画像処理、ファイル変換まで簡単に行うことが出来ます。
特徴点の自動追尾機能も標準で付属しており(Ver2.3以降)、座標・速度・加速度の算出、グラフ表示が可能です。また、算出データはCSV等のデータファイルとして、出力できます。
 
PCC

仕様


 
  高速度モデル 高解像度モデル
110/111 310/311 3a10 120/121 321S 140/141 340/341
製品画像.jpg 製品画像
画素数 1,280×800

1,280×

1,280

1,920×1,200 2,560×1,600
最高速度(コマ/秒)
フルフレーム時
1,630 3,260 1,850 730 1,380   410 800
最高撮影速度
セグメントフレーム
400,000 650,000 311,000 250,000 325,000  250,000  325,000

感度(ISO/ASA)

16,000(モノクロ)
2,000(カラー)
12,500(モノクロ)
1,600(カラー)

内蔵メモリ

6GB,12GB
  小型・耐Gモデル ベーシックモデル
Miro C 210/210J Miro C 110
製品画像  
画素数 1,280×1,024 1,280×1,024
最高速度(コマ/秒)
フルフレーム時
1,800 800
最高撮影速度
セグメントフレーム
67,100 29,800

感度(ISO/ASA)

5,000(モノクロ)
640(カラー)

内蔵メモリ

8GB 、16GB 8GB

PhantomMiroシリーズ一覧に戻る                             

  • 事例紹介
  • サポート
  • サンプルムービー
お問い合わせフォーム